おじ語り

思い立ったら色々書く。

和っ黒で高級焼肉コースをいただく(所沢)

この記事をシェアする

所沢の和っ黒で高級焼肉

所沢 和っ黒

所沢駅のプロペ通りからちょっと外れたところに和っ黒(わっこく)という焼肉屋があります。

その店名の通り、銘柄牛を出すお店なので僕が普段行くお店よりも高級店です。

もちろん色々とコースがありますが、その中でも極みコースという一人分の料理だけで、12,100円という超贅沢なコースまで存在します。

この度、その極みコースを食べることが出来たんですが、かなり肉が極まってました。

極みコース

さすが極みコースというだけあって肉の量も多ければ、サイドも充実。

超お腹いっぱいになりました。

極みコース 肉

極みコース 肉

見てくださいよ。このサシを。ふつくしい…

 

左上から反時計回りに、特上タン、特上ハネシタ、特上ハラミ、特上イチボ、上ミスジだったかな。

毎度のことながら、高級焼肉ではかならずイチボとミスジが登場するな。ハネシタはザブトンの別名ですから、以前行った所沢の別の高級店、永翔苑でコースを食べた時に出てきた希少部位と完全一致です。

ojigatari.com

なるほど、高級焼肉を突き詰めるとザブトン、ミスジ、イチボになるのか。

ここまで霜降りになると全部舌でとろける系の旨さになちゃうので、部位の違いが赤身がもっと多い肉に比べるとちょっと分かりづらいですね。

全部脂が甘くてとろけて美味いみたいな。

いや、こりゃ極みだなー。久しぶりにたっかい肉を頂いたって気がします。

サシが凄く、こってり系なのでお腹への満足度も凄いです。

コースだけでも大満足ですが、別注でランプまで食べてしまい、僕も満腹の極み状態でした。

和っ黒 ランプ

極みコース サイドメニュー

焼きアワビ
茶碗蒸し

サイドメニューも色々と出ました。

サラダにキムチの王道から、チャプチェ等の韓国料理まで。

高級だな!ポイントはやっぱり焼きアワビと茶碗蒸し。

茶碗蒸しになぜかキャビアがのっていました。うーむ、高級。

せっかく色々サイドも充実していましたが、肉に全集中しすぎて他の料理はあまり印象に残っていません。

前菜
サラダ

締めは冷麺

和っ黒 冷麺

締めはビビンパと冷麺を選択できるのですが、僕は当然冷麺。

なぜならお酢が飲みたいから。

冷麺になら大量に酢を入れても良いのか - おじ語り

こってりした肉を腹いっぱい食べた後は、冷麺に酢を大量投入して、お口もお腹もサッパリさせられます。

全焼肉店はコースの最後は冷麺締めし、酢をサッと一緒に提供するべきであります。

当然今回も酢が一緒に出てきました。

極みコースの肉が極まっていた

以上、所沢和っ黒の高級焼肉コース『極みコース』でした。

当然こんな高級コースは自分で食べれないのでご馳走になりました。

霜降り肉は少量で満足出来るなんてよく言いますが、このコースは肉は10切れ。厚みはあるけど。

ビールと一緒なのもあったかもしれませんが、ほんとに大満足でした。

まぁ1万円以上のコースで大満足出来なければ、成り立ちませんよね。

ランチではリーズナブルなメニューもあるようなので、そっちにも行ってみたいです。

おじーでした。

店舗情報

店名:焼肉韓菜 和っ黒

住所:埼玉県所沢市東町12-37 船橋ビル2F

電話:04-2968-8929

営業時間:

月〜土曜 11:30〜15:00 17:00〜21:00

日曜 11:30〜21:00