おじ語り

思い立ったら色々書く。

リゼロのコミックを胸キュンにより衝動買い

この記事をシェアする

リゼロを大人買い

Re:ゼロから始める異世界生活

久しぶりに漫画を一気に買ってしまいました。

『Re:ゼロから始める異世界生活』です。

リゼロって言われて流行っているあれですね。

アニメはHuluでシーズン1から観ていたんですけど、すっごく面白いなーと思っていたんです。

めちゃめちゃ簡単にあらすじを説明すると、主人公のナツキ・スバルは普通の男の子です。

突然異世界にやってきてしまうんですけど、チンピラみたいなのにボッコボコにされます。

そしてそこをヒロインに助けられる。

王道のボーイミーツガールが物語の始まりなんですが、その後は全然王道じゃない。

かなり残酷なことが起こる世界です。

異世界では主人公にはなぜか死に戻りという能力があって、死んでしまうと時間が巻き戻ったみたいに前の状況に戻ってしまうんですね。

死に戻りする前の記憶はそのままに。

だからってこのお話は主人公が死にまくる。

本当にもう可哀相だからやめてあげてよ!って感じ。

そんな状況で少年が奮闘していく物語です。

ナツキ・スバルは不人気らしい

面白いなーと思ってネットで調べるじゃないですか。

そしたら衝撃の事実。

主人公のナツキ・スバルは不人気らしい。

僕もだいたい漫画やアニメは主人公、ヒロインよりその脇にいるサブキャラクターを好きになる性質です。

でもリゼロに関してはダントツで主人公がマジで一番好き。

主人公は死に戻りなんて能力があるばっかりに死ぬほどというより、本当に死ぬ苦しみを何度も味わうんですね。

しかもそんな死に方なの!?って悲惨な物もたくさん。

当然普通の少年ですから、怖がったり逃げたり間違えたりします。

多分その過程で嫌いになる人がいるんだと思うんですけど。

でもさすが主人公。

結局最後は自分の好きな人達のために物凄い困難に立ち向かうんですよ。

もう一度言いますが、普通の少年なのに。

しかも死に戻りしてみんなを助けるんですけど、能力は他の誰にも話せないという縛りつきで、とんでもなく苦しんできた主人公の頑張りって誰にも理解されず、むしろたまに反発すらされるんですよ。

好きな人達に。

でも頑張って辛い思いして、また頑張ってって。

いや、どんだけこいつ良い奴なんだと観ていてこっちが辛くなるんです。

今なんだか知らんけど書いていて泣きそうになってます。

観た人にはわかる、崖のシーンとかガチで泣いた。

僕はスバルの心を応援するためにリゼロを観ているといっても過言ではありません。

わりとヒロインとか他の人とかどうでもいいからスバルだけ幸せになってほしい。

ナツキ・スバルが嫌いだという人にはどうか彼の苦しみと献身をもっと見つめてあげて欲しい。

こんな人間になれるか?なれへんやろ。

アニメのEDで胸キュンしたから漫画買った

話は漫画買ったことに戻るんですけど、シーズン1からかなりハマっていたので既に買っていてもおかしくなかったのですが、決め手はアニメのエンディング。

アニメの話が終わった後にこのエンディングが流れているのを観て、久しぶりに胸がギューっと締め付けられるような感覚。

あぁ、これはダメだ。心を掴まれてしまった。

俺は30代にもなっても恥ずかしながら胸キュンしている。

これはこの作品に金を落とさねばならん。

すぐに漫画を購入した次第です。

多分アニメ観ていない人には、この熱い感情が全く伝わらないと思うんですが、僕が主人公に異常に感情移入しちゃっていると捉えてもらえれば大丈夫です。

シーズン1のエンディングもめちゃめちゃかっこよくって鳥肌立ちました。

ホントはこれも劇中でぜひ観て欲しい。

今回は二度目のハート鷲掴みだったので、もう我慢できなかったわけですね。

しかし、けっこうアニメ観ててもまだ謎なことが多いんですよ。

じっくり購入した漫画を読んで世界観に浸ろうと思います。

この作品は原作は小説ということなので、本当は小説を買うのが良いんでしょうけど、よりライトに楽しめる漫画にしてしまいました。

アニメから入る人、僕以外にも多いのではないでしょうか。

より一層ハマっていく自分の姿が簡単に想像できます。

どうか皆さんも一緒にナツキ・スバルを応援しましょう。

僕はHuluで観ていますが、たしかAmazonプライムビデオでも観れたと思います。

おじーでした。