おじ語り

思い立ったら色々書く。

ひな人形業界を勝手に心配する

この記事をシェアする

雛人形需要って減っているのではないだろうか

3月3日がひな祭りということで、ひな人形について思う。

娘の為にひな人形を買う人って昔より減っているんじゃないかなーと。

実際のデータは調べていないですが、イメージです。

端午の節句と桃の節句って男の子の日と女の子の日で対比的に扱われるじゃないですか。

でも鯉のぼりとひな人形じゃ決定的に収納スペース的に差が出ますよね。

ひな人形ってひな壇もあれば、人形たちも畳めるわけではないので、ひな祭りシーズンにしか使わないのにけっこう場所とっちゃうから気軽に購入出来なそうな気がします。

 

そして日本人形の顔。

現代の文化にどっぷり浸かってしまっているとあんまりかわいいと思えない。

ひな人形の「ひな」にはかわいらしいものみたいな意味があるそうですが、正直女の子はプリキュアの方が喜びそうなものです。

でもこういった鯉のぼりだとか、ひな人形だとかは子供の頃はその意味をわかりませんが、大人になってから自分の家に飾ってあったことを思い出すと、「あぁ、自分は凄く幸せな子供だったんだなぁ」と親に感謝するきっかけになったりもして、良い文化であるというのは間違いありません。

じゃあどうしようか。

ひな人形はもっとチャラチャラとコラボとかしてもいいのではないでしょうか。

コラボひな人形

じゃあ例えばどんなコラボが考えられるか。

ディズニーコラボ

イメージとしてはこんな感じのやつ。

ディズニーコラボとか。

これは小さめですが、もっとこれを久月×ディズニーとかで超本格的に作ればディズニーファンもひな祭りファンも納得のひな人形が生まれるのではなかろうか。

それこそ子供の好きなアニメとかのコラボでもいいですよね。

アンパンマンひな人形とか。

そしたら、最上段はアンパンマンと誰でしょう。

メロンパンナちゃんが最有力でしょうか。コキンちゃんではないことは確かでしょう。

ファッションブランドとコラボ

ファイナルファンタジーのキャラクターの服をヴィヴィアン・ウエストウッドがデザインがしたというのを聞いた時はさすがFFやで!と興味が湧いたことがあります。

なのでひな祭りもオシャレブランドとコラボしたらオシャレパパママに訴求することが出来るのではないでしょうか。

「ひめちゃん、このお雛様の服プラダよぉー!お内裏様はアルマーニよぉー!」

ダメですね。そんなママいない。

需要が絞られ過ぎてますわ。

ひな人形の価格が大変なことになります。

ハイテク産業とコラボ

かわいいひな人形について考えてきましたが、いくらかわいかったりオシャレだったりしても収納スペースをとるという欠点は解決出来ません。

やはり最強は最新テクノロジーとのコラボではないでしょうか。

ひな人形を立体映像でディスプレイしちゃうわけです。

ホログラムです。

そしたらそこにあるように見えて実は実体のない映像なので、まったく邪魔にならないという。

しかもなんなら映像を差し替えたら別のものもディスプレイできるという変幻自在さも持ち合わせます。

それっぽい音楽でも組み合わせてしまえばもはやショーの領域です。

最強ですね。

ひな人形業界を勝手に心配する

勝手にひな人形が売れなくなっているんじゃないだろうかという前提で好き勝手こんなコラボはどうだろうと考えてみました。

実際は別に業界も困っていないのかもしれませんが。

ただこういう季節ごとのイベントってワクワクしますよね。

ひな祭りの時に飾られている色ついた餅とかもなんか見た目素敵ですし。

時代とともに形を変えていってもいいと思いますが、特に子供のためのイベントなので、なにかしら楽しいことが出来るといいですね。

やっぱプリキュアひな人形じゃないですか?

僕の中で女の子といえばプリキュアというイメージが強すぎるのですが、今の子って実際プリキュア好きなのでしょうか。

さすがにもうセーラームーンは超えましたかね?

幼女が読んでいたらコメントください。

おじーでした。

今週のお題「雛祭り」