おじ語り

思い立ったら色々書く。

ドッグフード選び難しいけど、ファーストチョイスをチョイス

 このページには広告が含まれています

ドッグフード売り場のデカさよ

ちょっと前に犬を迎え入れたのですが、その前に色々と準備をしていました。

頼れるのはホームセンター、ドッグフードを買いに行ったんですよ。驚きましたね。売り場に置かれるドッグフードのあまりの多さに。

そもそも色んな種類の商品が置いてあるのに加えて、子犬用、成犬用、シニア用といった年齢で細分化、チキン、ビーフ、ラムみたいな材料別や、物によってはチワワ専用!みたいな犬種にまで言及したものまで。もちろん値段も手頃なものから高級品まで取り揃えられている。

こりゃ選び甲斐があるぜー!と思う反面、なかなか悩ましいところですね。

ドッグフード選びの方針決め

フードを食べる犬

そもそも日本にはペットフード安全法という法律があるので、有害なペットフードは売れいないそうですが、それでも色々と見るべき点はあるんですって!

ちょっとあまりに商品が多すぎて、最低限の方針でも決めておかないと選べない気がしたので、色々と情報収集しつつ、原材料を眺めてちょっと考えてみました。

肉多めであること

まず分かりやすいのが、穀類メインじゃなくて肉がちゃんと入っているのフードのこと。

やっぱり人間ですら牛丼はご飯大盛りより頭の大盛りの方が嬉しいんです。そもそも肉食に近い犬たちなら肉系メインのフードの方がそりゃあ嬉しいだろう。

原材料の表示順ってペットフードでも使用量が多い順に書くそうなので、一番最初に肉が書かれていると、肉をけっこう使っているなと思ってもとりあえず良いのではないか。

まぁ材料の配合だったり表示方法によって変わるから、ざっくりとした判断基準ではあるのだけども。

表示がざっくりしすぎていないこと

これも上の肉の件と関係してくるんですけど、ドッグフードの原材料の表記でまちまちな部分がけっこうあるみたい。

なんかざっくりしちゃうんだって。

例えば『肉類』とか『穀類』って書いちゃってもルール的にはいいんだけど、その中には何が使われているのかってのが見えてこないって問題があるんですよね。その一方でちゃんと『チキン』とかどんな肉を使っているかまで書いてあるフードもたくさんある。

見えないよりかは見えたほうが安心。というかある種メーカー側のアピールができるところでもあるということで、しっかりと書かれているのが良いみたいですね。

表示内容がある程度詳しいこと。

着色料マシマシじゃないこと

あとは着色料。

わかるぜ。我々は色が良いと美味そうに見えるよ。紅生姜とかな。

だけど、犬は別に色で美味そうとか判断していないらしいですからね。目より鼻で見るらしいから。着色料入っていようが入っていまいが食いつきにはまるで関係ない。

じゃあ常々健康への影響が懸念されている着色料なんて入っていない方がいいですよね。ド茶色でええねん。

経済的であること

そして忘れちゃいけない価格設定。いくら愛犬のためだといってもあんまり高級で我々の生活を圧迫してはいけない。継続して買うものだから無理なく買える価格がいいな。

ファーストチョイスをチョイス

上記のことを色々と考えて選んだのが、こちら。

ファーストチョイスの子犬用、小粒。初めて買うドッグフードに相応しい名をしている。

これが公式サイトを見ると色々と自信満々に書いてあって、さっき挙げた項目を全部クリアしていたんですよね。

というか凄いんですよ。こだわり素材とか言って「鶏肉のいい部分だけ使っています!」とか「健康に良い亜麻仁を入れました!」とか。なるほど、俺も普通に食ってみたいなと思う説明。

そして、なおかつお手軽。

最初は人気だと聞いたアメリカの会社のフードにしようかなと思ったんです。なんと1キロ2500円くらいするんですよ。余裕で僕が普段食べている豚こまの2倍以上するじゃないですか。そりゃステーキ肉価格だ。エブリデイステーキ。世のお犬様たち良いもん食ってんな!

その点、今回買ったこのファーストチョイスは1キロあたり900円しないくらい。肉グレードで言うと鶏もも肉。うん、生活レベルが飼い主と揃いました。

まだ譲渡元の協会から貰った餌と混ぜて与えている段階ですが、なかなか美味そうに食べています。とりあえず当面はこれでいってみよう。

おじーでした。