おじ語り

思い立ったら色々書く。

Google AdSenseから住所確認の手紙が来た

この記事をシェアする

Googleから届いた住所確認の手紙

思い出すは8月のお盆休み過ぎのこと。

Google AdSenseという広告配信サービスの審査に合格し、広告の設置を始めました。

設定については、ページを開こうとすると表示されたり、スクロールするとついてくるような主張の激しい広告は表示されないようにし、あとはGoogleを信じて自動広告機能をONにし、おまかせにしています。

そんな感じでブログを更新し続けて、だいたい3ヶ月。

11月が終わり、今月の上旬にGoogleさんからメール。

件名『ご対応のお願い: AdSense のお支払い先住所の確認が必要です』ということで、僕の部屋に個別識別番号(PIN)が記載された手紙を送ったとのこと。

おぉー!なんか進展があったぞ!

使われていない方もいると思うので簡単に説明すると、Google AdSenseで広告を設置すればどんどん報酬が支払われるわけではなくて、最低支払基準金額が設定されているんです。

それが、8000円なんですね。

じゃあ3ヶ月で8000円いったんか!そう思われるかもしれませんが、舐めてもらっちゃ困ります。

10%です。

なんか800円超えるとGoogleさんが住所確認をしてくれるみたい。

いや、逆にね。

あまりのスローペースにじゃあ実際に振り込みされるのはいつになるんじゃいという感じですね。

単純に計算したら30ヶ月とかかかっちゃいます。その頃にはおじいちゃんになっちゃいますね。

が!検索流入が最近では総アクセスの半分を常に超えるようになってきました。

そしたら一応AdSenseの数字も良くなってきていて、今月だけで今までの金額と同じくらい、つまり約800円くらいには成績が上がってきています。

まだデータが少ないので、今月だけということもあり得ますが、もしこの調子が続けば来年中には初の振り込みは間に合う予定には考えています。

それでもかなり気の長い話ですが、アクセス自体はじわじわ伸びているので、アクセス数とともに、AdSenseの数字もブログの成長の指標の1つとして伸ばしていくことを楽しみの1つに出来ればいいかなぁと思います。

発生したものの宙ぶらりんの数字なんて幻ですね、IKKOさんが言ってました。まぼろし〜って。

それでも届いたこの手紙。

Google AdSense住所確認

これは幻じゃないよIKKOさん。

この手紙はブログに投稿を毎日IKKO IKKO積み重ねてきた俺の努力の証のひとつ。

ちょっと今日は筆が進まんなーと思う日がどんだけ~あったか。

こういうね、小さいことをどれだけ喜びとして捉えられるかがが、幸せのコツですよ。

欲は尽きないのが人間ですけど、強欲になってもっともっと言っているよりね、あぁ今日は空が青いなとか、スズメがかわいいなとかね、おじーさんの書く文章が好きですにはかなり痺れましたけどね。

この方が幸せじゃないですか。

期待してくれている人がいると意識するとふと面白いこと書かないと!と思ってしまうことがあります。

それでいきなりIKKOさんの緊急登板&連投という采配となったわけですが、大体力んでウケを狙いにいったネタはスベるというのが世の常です。不幸にも。

兎にも角にも今回Googleの手紙が来たことが嬉しかったことと、これからも日々のよろこび〜をIKKO IKKO取りこぼす拾い上げながら、楽しくブログ更新を続けていこうかと思います。

おじーでした。