おじ語り

思い立ったら色々書く。

美容男子に待った!冬の男のスキンケアに物申す!

この記事をシェアする

男が美を追求するんじゃあねぇ!

いやね、最近流行っているらしいじゃないですか。

美容系男子。

なにやら高級な液体を肌に塗りたくる

化粧をする。

脱毛に通う。

まつエクする。

等々…色んな話を聞きます。

何しとるんじゃ日本男児。気持ちが悪いぞ!

そんなことやっとらんでハートを磨けや!ハートを!

お前のすね毛の量を気にしてるの世界でお前とTBCだけだぞ。

そういう主張をね、今後人生をかけてやっていこうかなと今日ふと思ったわけでありますが。

とは言ったものの、冬場は僕も暖房だのなんだので肌が乾燥するんですわ。

同じ悩みを持つ硬派な日本男児に対し、美容系男子とは一味違う粋な男のスキンケアってやつをご紹介します。

気分はスサノオ『菊正宗 日本酒の化粧水』

菊正宗 日本酒の化粧水

まずね、化粧水です。

日本男児なら「なにが化粧水だ、そんな軟派なもん使えるか」と仰ることでしょう。

でもこれならどうでしょうか。

日本酒。

これで肌の乾燥を防ぐのです。

日本酒と言えば、日本男児の酒といってもいいでしょう。

日本神話を思い出してみて下さい。

スサノオはヤマタノオロチに何を飲ませて討伐を果たしましたか?

そう、日本酒ですね。

時代劇を見て下さい。なぜか刀にぶーっと酒を吹きかけていますね。なんの意味があるんでしょうか。

つまり神話の時代から日本酒は戦いにはつきものなのです。

ならば冬の乾燥と戦う時に我らが酒の力を借りるのも悪くはないように思えてきます。

そうすると我らの選択肢はひとつ。

菊正宗酒造が作っている日本酒の化粧水ですね。

 公式サイトを見ると「日本酒の力で毎日ぷるぷるうるんうるん」というとても酒造らしく男らしいキャッチコピーが書いてあります。

これなら美容系男子との棲み分けが可能ですね。

気分はボクサー 日興リカ サンホワイト

ワセリン

化粧水だけじゃ乾燥が収まらないという人もいると思います。

油分で水分を閉じ込めてやらんと水分の蒸発が防げないからということみたいなので、乳液だのクリームだので蓋をしてあげないといけないみたいです。

ですが日本男児はやはり「そんな乳だのクリームだの洋菓子みたいなもんが使えるか!」と拒否感を示すことでしょう。

なので僕はこちらを推薦します。

ワセリン。

これで水分の蒸発を防ぐのです。

ボクシングを思い出してください。

セコンドがボクサーの傷口にワセリンを塗って止血をしています。

男らしさの塊。ワセリンは戦いにつきものなのです。

ならば冬の乾燥と戦うためにワセリンで保護するのも実質ボクサー活動みたいなものです。

僕が使っているのが日興リカのサンホワイト。

公式サイトを見ると高品質な白色ワセリンは赤ちゃんから使えるそうです。

人類皆ボクサー計画も可能ですね。

日本酒とワセリンの2本柱

どうでしょうか。この日本酒とワセリンという男らしさの代名詞のような商品たちで行う男の冬のスキンケア。乾燥対策は。

あまりの男らしさに美容系男子たちも真っ青なヒゲを生やして裸足で逃げ出すことでしょう。

ワセリンはちょびっとしか使わないし、化粧水は安いのでコスパにも優れています。

普通の化粧水とワセリンの使い方って洗顔後に、

①化粧水で水分補給

②ワセリンで保護

となりますが、僕くらいの日本男児になるとその工程すら面倒くさい。

①と②をブレンドします。

日本酒の化粧水とサンホワイトのブレンド

そして手のひらでこすり合わせ、なじませたら顔にグシャグシャグシャー!ってダイナミックに塗りたくります。

この①工程なら数秒で終わるのでどんな面倒くさがりでも継続可能です。

冬の乾燥に悩む日本男児へ。なよなよした美容系男子に物申したい同志たちへ。

僕と一緒に毎日男らしいぷるぷるうるんうるんの肌で厳しい冬を過ごしませんか。

おじーでした。