おじ語り

思い立ったら色々書く。

ムーミンバレーパークでムーミンの漫画を読む

ムーミンバレーパーク再び

初めてムーミンバレーパークに行ってから1年以上経ちました。

ojigatari.com

このときは駐車料金のシステムがイマイチだなーって言っていたようですが、このテーマパーク、平日は駐車料金が無料です。そして今まで知りませんでしたが、今イベント割なるものでこういった入場料って20%オフになるんですね。

今日は午後から予定がなかったので、久しぶりにムーミンバレーパークに行ってきましたよ。イベント割で2,400円。これは安い。

しかし、1年以上経つと色々と変わるんですねぇ。以前は入場料だけのチケットとアトラクション込みのチケットで2段階の買い方が出来たんですが、今はフリーパスの1種類になっていました。まぁシンプルでいいのかもしれませんね。

ということで、前回は有料エリアだったから近づかなかった

・ムーミン屋敷

・リトルミイのプレイスポット

・海のオーケストラ号

の3つを体験してきました。

ムーミン屋敷

ムーミン屋敷

ダイニング
ムーミンの部屋

前に行ったときは地下室しか見れなかったムーミン屋敷ですが、システムが変わって全て見学出来るようになりました。そしてガイドさんの説明までついてくる。

左がダイニングで右がムーミンの部屋。椅子に本が積んであるのはリトルミイが座れるようになっているんですって。

その他にも夫婦の寝室やスノークのお嬢さんの部屋など各部屋ムーミンの世界観に沿ってめちゃめちゃ作り込まれていました。面白いですね。ムーミン邸はおしゃれだった。

リトルミイのプレイスポット&海のオーケストラ号

アトラクションっぽいのはリトルミイのプレイスポットと海のオーケストラ号って施設なんですけど、これはどちらも座ってアニメを鑑賞するというもの。

リトルミイが主人公のものと、ムーミンパパの冒険の話。海のオーケストラ号は光とか風とか音とか演出がだいぶ派手。

まぁこれは1回観たらなるほどなぁってなる感じだと思う。

ライブラリーカフェ

ライブラリーカフェ
並ぶ本

今回一番長い時間を過ごしたのがこのコケムス2階のライブラリーカフェでした。

コーヒーやスイーツが飲食できるのですが、最大の特徴はムーミン関連の本が約400冊あるということです。

読みたかったんですよ。ムーミンのコミックス。電子書籍では児童書はあるんですけど、漫画はないんですよね。このご時世でも紙でしか手に入らない本は意外と多い。

コーヒー&シフォンケーキ
ムーミンコミックス

ムーミンバレーパークのオリジナルブレンドとシフォンケーキをいただきながらムーミンコミックスを読みます。なにこの穏やかな昼下がり。

意外と面白いんですね。読むとなるほどスナフキンが人気の理由がわかりました。言うことがかっこいいんだな。ちなみにケーキはパサパサだった。

たくさんの本のほかにもボードゲームとかも置いてあったので、それも自由にやっていいらしい。せっかく入園料払って入っているのに本読んだり、ボードゲームに興じるとか。なんという新しい切り口のテーマパークだろうか。良いですよね。

ムーミンバレーパークはムーミンの漫画がたくさん読める

ということで、ムーミンバレーパークに行ってムーミンの漫画を読んできました。

電子書籍では読めないですからね。本で買うかムーミンバレーパークに行って読むかだったらムーミンバレーパークに行った方が良いかもしれませんよ。漫喫的な使い方をするんです。

ムーミンの世界観に本から触れ、吸収することでさらにムーミンバレーパークの魅力が発見できるわけです。さすれば自然とグッズを買って帰りたくなるという循環が生まれます。客は楽しい、運営はホクホク。Win−Winってやつだ。実際もう僕はグッズが欲しくなっています。近々マグカップを買うことでしょう。今日は吟味までしてきた。

冬で平日だったからかお客さんが少なくて実に過ごしやすかったですが、もっともっと賑わって欲しいですね。皆さん年パス買ってライブラリーカフェに通い詰めましょう。

おじーでした。