おじ語り

思い立ったら色々書く。

美容室でのオーダーに悩む全ての同志へ贈る言葉、かっこよくしてください

この記事をシェアする

今週のお題「下書き供養」

パーマ

はてなブログの今週のお題が下書き供養!

なるほど、これは良いお題。

ブログ書きかけて一時保存するんだけど、結局なんやかんやで続きを書かずにそのままにしていた記事。

いくつかあります。

その1つが今回のこれ。

美容室でのオーダーに悩む全ての同志へ

これって悩む人けっこういるんじゃないでしょうか。

学校で習わないじゃないですか、髪の切る際の注文方法なんて。

「トップをあーして、ツーブロックがこうで、アシメがどーの」みたいな言葉でイメージを伝えるのは至難の業。

しかも、自分が考えてる髪型のイメージを伝えた時にプロから見て、心の中で無謀だろとか思われたらと思うと無難なことしか言えない。

「マッシュにしてください」

「ぷっ、蛍原乙www」

万が一こんなやり取りになってしまったら、どうか髪でなく俺の命を刈り取ってくれと懇願すること請け合いです。

言葉でなくイメージを写真で伝えるパターンもあるでしょう。

自分がかっこいいと思う芸能人の写真とか持っていこうものなら、こいつキムタクに憧れてんのかよ、身の程を知れバカと心の中で罵倒されていないかが気になって散髪どころではありません。

「キムタクになりたいんです」

「ちょw待てよwww」

くっそ、やっぱり美容室のオーダーは難しいですね。

美容室はその名の通り、かっこよくなりに行く場所ですが、なぜか人に備わっている、「かっこつけと思われたくない」というブレーキが単純なことを難しくしているのです。

きっとおしゃれも美容も基本的にセオリーがあるはず。

こんな顔の人にはこんな髪型が似合うよという正解は必ずあると思うのですが、一般人がその知識を手にする機会というのはあまりありません。

正解の見えなさがオーダーの難しさに拍車をかけています。

きっと自分がかっこいいと思う髪型と自分に似合う髪型には乖離があることでしょう。

じゃあどうすればいいのか、考えた僕は1つの結論にたどり着きました。

美容師さんに全おまかせ。

結局これが一番精神的に楽です。

かっこよくしてください

もうオーダーの仕方もよくわからん、自分に合う髪型だって正解が見えない。

まず自分のセンスも信用できない。

一人で悩むとそんな五里霧中状態。

僕はもう悩みを全て手放すことにしました。

「今日はどんな風にしますか」

「いい感じにかっこよくしてください」

そう、美容師さんに全て丸投げです。

数多の人の髪を切ってきた美容師さんが僕の顔を見て、こういう髪型が似合うだろうなと思ったものは、それはきっと僕がキムタクになろうとするよりよほど現実的で良いもになるはずなのです。

ただし美容師さんも人間です。

1から10まで丸投げされたら困るタイプの人もいるでしょう。

どちらかというと思い切りのいい豪胆タイプの美容師さんを見つけるべきですね。

そして丸投げするので、決して仕上がりに文句を言うのは許されません。

自分で責任を持たないのに文句だけ言うのは卑怯なことです。

EXILEのATSUSHIみたいな変な髪形にされても「いいですねー!」と笑顔で言って、なんならサングラスまで用意するくらいの覚悟で臨みます。

やっぱり自分の頭のことですから、どうしても美容師さんとのセンスの合う合わない問題はあるでしょう。

そしたらこの人だ!と思える美容師さんを見つけるまでホットペッパービューティーで色んな美容室を予約しまくればいいのです。

そのうちこの人いいなって人が担当してくれると思うので、そしたらリピーターになります。

リピーターになって何回か行くと「こいつ本当に髪のことなにもわからんのやな」と理解してもらえるようになります。

次第に「次はおじーさんの髪型こんな感じにしようと思っています」と決めておいてくれるのでこちらは何も考えなくて良いというスーパーありがたい状態がやってきます。

こうなれば勝ちですね。もう悩み無用。

リーブ21の和田アキ子状態。

ただ信頼できる腕とセンスを持った美容師さんにまだ出会えていないという人もいるでしょう。

その間は自分を真のイケメンだと思いこむことが重要です。

イケメンは髪型と身長、真のイケメンはハート

イケメンのハードルは年々下がっています。(個人の感想です)

もうかっこいい髪型でシュッとした体型をしていたら大抵の人はイケメングループに属することが出来ます。

いわゆる雰囲気イケメンというやつですね。

それでも「俺自分の髪型に自信持ててないわ」というメンズは自分を真のイケメンと思い込むことで心に平穏が訪れます。

真のイケメンは雰囲気イケメンより強し。

ハートを磨きましょう。

電車でお年寄りに席を譲るとか、子供に優しくする、チャリティに寄付をするとか善行を積むことで自分こそ真のイケメンだという謎の自信がついてきます。

さすれば真のイケメンには髪型や身長などは焦ることではない、なぜなら俺は真のイケメンだから。

そんな余裕も生まれてくることでしょう。

そしたら良い美容師さん探しもゆっくりでいいやってなるんじゃないでしょうか。

知らんけど。

いや、やっぱり下書きで止めていただけあって、自分でも何を言っているのかよくわからんですね。

僕は何が言いたいんでしょうか。

多分オーダーでくよくよ悩むより、美容師さんに全部任せましょうということですね。

美容師さんの指導に従って最近髪の毛がウネウネになったおじーでした。

けっこういい感じだと思います。

おじー

今週のお題「下書き供養」