おじ語り

思い立ったら色々書く。

MENU

ファーストチョイスがリニューアルしてチョイスSになっていた

 このページには広告が含まれています

愛用のドッグフード『ファーストチョイス』

子犬を迎える時に、色々とドッグフードは何にするか悩んだ結果、アースペットさんの『ファーストチョイス』を選びました。

素材にこだわっていそうなこと。(特に鶏)
着色料や保存料を使っていないため安心。
そして大事なお手頃価格。

なんて色んな事を考えて選びましたが、我が家の愛犬の食いつきっぷりも素晴らしく、もう迎えてからかれこれ3ヵ月これ1本で来ています。

ネットで情報収集すると「このフードはAランク!」だの「このフードはCランク!」だの、ただの消費者たちが好き勝手ランク付けしていますが、あんなのに振り回されてちゃいかんですよね。お前誰だよって話です。

僕はこの句を胸に刻み進みたいと思います。

愛犬が 美味いと言ったら Sランク
おじー。

ということで、食いつきを見ながら今後ともファーストチョイスにはお世話になろうと思って久しぶりに公式サイトを見に行ったらなんということでしょう。

商品リニューアルしているじゃあないですか。

チョイスSだって。
だからファーストチョイス若干品薄だったのかしら。

何が変わったのかチョイスS

何気なく選んだファーストチョイスでしたが、かなり歴史のあるドッグフードだったみたいなんですよ。

カナダで1990年に作られて、その8年後には日本でも発売。
26年間も愛されて続けてきたということ。

そのファーストチョイスが2024年、チョイスSにリニューアルですってよ!
思い切ったね!

ちなみにチョイスSの『S』はスタイル、スペシャル、シュプリームのSだってさ。

公式サイトの紹介を見たところ、原材料に対するこだわりはそのままという感じに見えますが何が変わったんだろうと熟読したところ、ここかなという点が2つ。

Wフレーバー

まずデカデカとWフレーバーになりましたとの記載がありましたね。
味に関するところでしょう。

リニューアル前はWじゃなかったところ、チョイスSになってからは旨味エキスと旨味パウダーの両使いにしたようです。

だからより美味い!ってことみたい。
犬に聞いてみないことには本当に美味くなったのかわからないけど。
食べ比べしてみるしかないか。

フレッシュパック

あとデカい変化がフレッシュパックですね!

酸化を防ぐために600gほどの小分けになっているそうです。
これはいいですよ。

いつもファーストチョイスを買う時はコスパがいいので6kgの袋で買うんです。
1日220g食べるので、だいたい1ヶ月弱で食べきるのですが、ここで若干気になるのが酸化。
酸化防止剤としてビタミンEは添加されているものの、味は日々変わっていくんじゃなかろうかみたいなところは思っていたんですよね。

そこが新しいチョイスSになると2.4kg買うと600g×4袋入っているみたい。
これでいつでも新鮮な飯が食えるってもんです。

チョイスSへ切り替えていく

クッションを噛む犬

これから旧ファーストチョイスから新チョイスSに切り替えていこうかと思います。
というか市場が勝手に移っていくか。

今朝6kgの袋を開封したばかりなので、あと1ヶ月後くらいになるけど、その頃には切り替わっているといいな。

ドックフードを変える時は旧フードと新フードを少しずつ混ぜていくのがセオリーらしいですね。
Wフレーバーという変更点はありつつも、中身はそこまで変わってないような気がしますが、念のため混ぜながら切り替えていくとしますか。

楽しみですな!

おじーでした。