おじ語り

思い立ったら色々書く。

しゃぶ葉はテイクアウトにするといきなりヘルシーになる

この記事をシェアする

しゃぶ葉はテイクアウトも出来る

しゃぶしゃぶ食べ放題で言わずと知れたチェーン店『しゃぶ葉』。

今までしゃぶしゃぶと言ったら温野菜だよねみたいな時代もありましたが、しゃぶ葉がんがん追い上げて店舗数を増やしているイメージです。

僕もたまに利用するのですが、食べ放題なので行くたびに腹が破裂しそうになるくらい肉を食べてしまいます。

しかもひたすら肉、肉、肉。

一応サラダバー、野菜バー的なものも設置されているのですが、一度食べ始めると途中で取りに行くのって面倒くさいじゃないですか。

対して肉はタッチパネルで席からオーダーすれば持ってきてくれるので、楽だし美味いしで。

とにかくひたすら肉を食べまくる。それはしゃぶ葉利用の常になっています。

相撲取りは体を大きくするために稽古後に大量のちゃんこを食うというのが有名ですが、僕もしゃぶ葉に行った時は間違いなく幕内レベルでしょう。

ごっつぁんですと店を出れば、毎回「もうしばらくしゃぶしゃぶは要らない」という感想が口から漏れ出ます。

しかし、この度しゃぶ葉のテイクアウトをやってみたら打って変わってヘルシーメニューになったので報告です。

これは使える。

しゃぶ葉 おうちで鍋シリーズ

しゃぶ葉のテイクアウトメニューは受け取ったらすぐにそのまま食べるお弁当タイプの『そのまま鍋シリーズ』と、アルミ鍋に入っていて家で火にかけて温めて食べる『おうちで鍋シリーズ』があります。

今日はアルミ鍋に入っているタイプの『おうちでゆず塩ちゃんこ鍋』をセレクトしました。ごっつぁんです。

おうちでゆず塩ちゃんこ鍋

おうちでゆず塩ちゃんこ鍋パッケージ
おうちでゆず塩ちゃんこ鍋作り方

アルミ鍋に入った具の他に、スープが付いてきました。

このスープが希釈するタイプなので、入れてから水を追加し、火にかけます。

グツグツと温まったらいざ実食。

三元豚のバラ肉が柚子の風味豊かな塩ダシで!という商品らしいです。

おうちでゆず塩ちゃんこ鍋

ちなみに肉二倍盛り。990円。

肉もけっこう多いけど、白菜をはじめとしたにんじんやらシメジやらネギやらの野菜が色々とたっぷり入っててヘルシー。

豆腐に卵にうどんに、もはや完全食といっても過言ではないのではないだろうか。

説明通りに作ったら若干あっさり味になってしまいましたが、ここは次回作る時は希釈用の水の量を調節したりと改善できるだろうなと思いました。

ご飯セットなんかもありましたが、うどん入りなのでボリュームも感じます。

これだけで十分でした。肉二倍だけど。

汁の味はまさにしゃぶ葉を感じるような味。

ぼちぼちに美味しい。安定感を感じる。

これは飯を作るの面倒くさいけど、ちょっと体に優しいものが良いなって時に使えますね。

完食後は汗が出るくらいに体も暖まります。

他にもテイクアウトメニューだとチゲ鍋、すき鍋とあるので、別の味も食べてみよう。

しゃぶ葉、行けば腹がはち切れんばかりに肉ばかりを食べすぎてしまう上に、3,000円くらいかかっちゃうところが、テイクアウトにした瞬間に、1000円で肉と野菜なんかが適度にバランス良く食べられる食事になるので、これは良い。

まったく別物だけど、たまに活用したいと思いました。

おじーでした。