おじ語り

思い立ったら色々書く。

ヤオコーのおはぎが実に美味い

おはぎが食べたい日々

先日『あずきのチカラ』を買って使い始めてからというものの、目を温める度に小豆の香りで「おはぎが食べたい」と呟いていました。

近隣で美味しいおはぎを買えるお店はないかと和菓子屋含め、色々探していたのですが、まさかのお店で有力情報を得たのです。

なんとあの埼玉を中心にぐんぐん業績を伸ばしているスーパーマーケット『ヤオコー』のおはぎが仙台の超有名店『さいち』のおはぎの味を継承しているというではないですか!

僕のおはぎ欲を満たしてくれるのはヤオコーに決まりました。その前に皆さん『さいち』はご存知ですか?

主婦の店さいち

宮城県は仙台市秋保にある主婦の店さいち。

地方にある小さいスーパーって感じの見た目をしたお店なのに、昔ながらの素朴なおはぎが美味しくて地元民に人気だったのがTVで取り上げられてから超有名になりました。

主婦の店さいちー食べログを見てもおはぎの写真がズラーッと並んでいます。

評判が評判を呼び、各地方からお客さんがおはぎを求めて訪れ、平日でも駐車場が満杯になるなんてこともあるとか。

そして行列の出来るおはぎを売るスーパーだとか、一日に5000個ものおはぎを売るスーパーだなんて若干伝説的なお店になっています。

僕も仙台に親戚がいるので昔食べたことがあります。

で、話は埼玉のヤオコーに戻りますよ。

 

ヤオコーはさいちへ勉強に

今回買ってきたヤオコーの商品『あずき香る粒あんおはぎ』の製作時のヤオコーのスタッフが、このさいちのおはぎに惚れ込んだらしく、勉強させてくれって頼み込んでさいちイズムを継承して帰ってきたそうなんですね。

なので、米とあんこのバランスだったり、シンプルな材料、機械を使わない手作りといった昔ながらの美味しいおはぎというのがヤオコーでも楽しめるようになっているとか。

さすがヤオコー。10年で売上高を倍増させているだけありますね。天下取りも夢じゃないぞ。ベイシアに負けるな。

長く愛されるヤオコーのおはぎをお彼岸に(おいしさの舞台裏) | 商品ストーリー | ヤオコー MARKETPLACE

ヤオコー あずき香る粒あんおはぎ

ヤオコー あずき香る粒あんおはぎ

こちらが買ってきたヤオコーの『あずき香る粒あんおはぎ』

大ぶりでわりと迫力のある見た目だけど、2個で198円と安い。

あずき香る粒あんおはぎ1
あずき香る粒あんおはぎ2

そして主役はこの分厚いあんこですよ。あんこと米の割合は2:1

1つ1つ手握りをするというのがこだわりだそうで、材料も野暮な添加物は不使用です。小豆、砂糖、塩、水というシンプルな材料のみで作られている。

当然美味しかったですよー。なんていうか親戚のおばさんが作ってくれるあんこと同じ味だった。懐かしい感じ。

あと粒あんおはぎと言うだけあって粒の食感をちょうどいい具合に残してくれてる。小豆を感じたい今の僕にまさにピッタリ。

うん、これぞおはぎだなって思いました。

甘さ控えめでぜんぜんベタベタしてないし、何個でも食べたい。朝も夜も食べたい。

今後あずきのチカラを使っておはぎが食べたくなったらヤオコーに行くことにします。

これはおすすめ。でもヤオコーはまだ関東圏にしかないので、勢力拡大に期待します。

おじーでした。