おじ語り

思い立ったら色々書く。

バーミヤンで台湾カステラを初めて食べる。

この記事をシェアする

台湾カステラが流行っているらしい

今流行りのスイーツ筆頭と言えば当然あれでしょうか。

マリトッツォ。

星乃珈琲にもあったと思えば、ヤマザキが出して、セブンイレブンにもいっぱい並んでいました。

そんな大流行のマリトッツォの2番手くらいに慎ましやかに台湾カステラが位置づけていませんか?それとももう流行終わりました?

ちょっと前に台湾パイナップルが流行っていましたけど、今年は台湾が熱いですよね。

最近台湾在住の方のブログ読んでて、食文化を見ているとほんと美味そうな物がいっぱいありますね。

カステラはまさか台湾ラーメンみたいになんちゃって台湾じゃないだろうな。

さて、そんな台湾カステラについてはあんまりよく知らなかったのですが、とりあえずフワフワしてて美味い的なイメージがあります。

聞けば、なにやらバーミヤンで食べられるそうじゃあないですか。

さすが俺たちのバーミヤン。

よっしゃ、今日は台湾カステラデビューじゃい。

まずはビャンビャン麺

ビャンビャン麺

台湾カステラはデザートでしょうから、まずは飯を食べます。

一際目立つ名前。ビャンビャン麺!

数あるメニューの中でも、無視できない圧倒的存在感がありました。

ビャンビャン麺 | 夏のおすすめ | バーミヤン | すかいらーくグループ

漢字で書くと物凄い。とんでもない難読漢字だ。

バーミヤンいわく中華料理のニュートレンドらしいですよ。

名前もすごけりゃ、麺もすごい。

ひもかわうどんみたいな太さ。

ビャンビャン麺の麺

幅がある麺に野菜と肉。皿の底にはタレ的な汁が入っていました。

これに色んな香辛料が入っているだろう唐辛子パウダーみたいなのをかけて混ぜて食べる。

美味い。麺がワシワシ系で。

汁なし担々麺と迷いましたが、これは珍しくていいですね。

ビャンビャン麺。

声に出して読みたくなるぞ、ビャンビャン麺。

違う、今日はビャンビャン麺を食べに来たんじゃない。

主役は台湾カステラだぞ、ビャンビャン麺。

バーミヤンの台湾カステラ

バーミヤンの台湾カステラ

美しくないですか。さすがバーミヤン。

バーミヤンの台湾カステラはこの蒸し器に入ったあったかいものと皿に載ってくる冷たいものがあります。

お値段は一緒ですが、見た目的には圧倒的に温かい方に軍配が上がりますね。

どちらもハチミツが別皿で提供されます。

台湾カステラ割る

割るともうフワッフワ!なるほど、これがフワちゃんってやつですか!

そして食べると特徴的なその食感!

シュワシュワって舌の上でほどける感じ。

これはあれだ!スフレとか半熟カステラとかそっち系の親戚だな。メレンゲ使ってますみたいな。

スフレとパンケーキと蒸しパンがミックスされているような。

シンプルに美味しいけど、ハチミツつけるとさらに美味しい。

なるほど、巷ではこんなお菓子が流行っているんですな。

よくわかりました。ありがとうバーミヤン。

関係ないけど世界3大紅茶について

世界3大〇〇って面白いですよね。

フォアグラ、キャビア、トリュフとかのあれです。

今日台湾カステラに中国のお茶を合わせようと思ってバーミヤンのドリンクバーを頼んだんですよ。

そしたら色々見慣れないお茶っ葉があったんですが、そのうちの1つがまさかの世界3大紅茶の1角でした。

世界3大紅茶。

ダージリンとウバまでは分かるんです。

よく聞く名前ですよね。

3つ目がバーミヤンにありました。

その名もキーモン茶。

なんやねん、キーモンって。初めて聞いたわ。

世界じゃほんとにキーモンがダージリンと肩並べてるんか?ん?お前紅茶王子にも出てこなかったろ?

マスターキートンみたいな名前しやがってよ。

いや、しかし普通に美味しかったキーモン茶。

さすが世界3大紅茶。また飲むわ。

おじーでした。