おじ語り

思い立ったら色々書く。

ストレートりんごジュース革命

この記事をシェアする

西友のりんごジュースが美味い

このブログでも何度も西友のプライベートブランドである『みなさまのお墨付き』シリーズを褒めちぎっています。

ピザが超絶美味いだの、ドリップコーヒーが超絶安いだの言っていますが、今回も超絶美味いシリーズです。

ふじりんごジュースと王林りんごジュース。

まぁつまり紙パックのりんごジュースです!

「なんだ、ただのりんごジュースかっ…」て思った人は今すぐ西友に謝って下さい。

これがただのりんごジュースだったらわざわざ僕も超絶美味いなんて大げさなことは言わんのですよ!

なんとこの風貌でストレートジュースなんです!

濃縮還元とストレートの違い

普通のりんごジュースの代表サンキストとミニッツメイド。

どちらも果汁100%の良いジュースです。

惜しむらくは果汁100%の傍にある『濃縮還元』の4文字。

濃縮還元

濃縮還元とはジュースの製法のひとつですが、

①果物からジュースを作る

②加熱し、水分を飛ばし、濃縮液を作る

③濃縮液を水で果汁100%相当まで戻し、ジュース完成。

というやつですね。

まぁ普通に美味しいのですが、ちょっとあれを思い出してしまいませんか。

そう、ファミレスのドリンクバーです。

左から原液、右から水がじょばばばーって。

若干チープな印象があることは否めません。

一度どろどろの濃縮果汁にすることで、保存や運搬に有利になりますので、広く使われています。

一番の弱点は濃縮する過程でジュースの香り成分が揮発してとんでしまうということなんですね。

なので果物をそのままかじった時と風味がどうしても変わってしまいます。

ストレートジュース

対するストレートジュース。

その名の通りストレート。

濃縮と還元の工程が無い。

衛生面のために加熱処理はしてありますが、絞った果汁そのままの味が楽しめます。

濃縮還元のジュースのイメージがファミレスのドリンクバーだったのに対し、ストレートジュースのイメージはジュースバーでしょうか。

あの目の前でカットされたフルーツからジュースを作ってくれる駅やモールに入っている店です。

つまりゴージャス!レボリューション!

でも濃縮還元のジュースのメリット、保存性や運搬のしやすさという点で劣るの価格が高いのです。

高級だからギフトで送ると喜ばれますよね。

なのでスーパーの紙パック飲料コーナーでは濃縮還元のジュースが圧倒的に多い。

だからこそ西友の『みなさまのお墨付き』のりんごジュースがストレートタイプだと気づいた時は驚きました。

みなさまのお墨付き丸ごと搾りふじ・王林

西友みなさまのお墨付きりんごジュース

こちらが西友のPBリンゴジュース。

青森産のふじりんごと王林りんごを使ったストレートりんごジュースです。

お値段なんと98円(税込105円)。

この価格なら毎日でもストレートジュースを飲める。

せっかくなので2種類を飲み比べしてみました。

丸ごと搾りふじりんご

飲めば脳裏に思い浮かぶはいつも食べているりんご。

甘いのはもちろんですが、程よい酸味に豊かな香り。

これぞりんごだな!という味のりんごジュース。

美味い!

丸ごと搾り王林りんご

王林りんごって僕はなかなかなじみがなくって、どんな味がするのか楽しみだったんですがこれも驚きました。

めっちゃ甘い!

ふじりんごと比べると甘さが際立っています。

その代わり酸味やコクが控えめ。

香りはふじと同様に良いです。

甘味は強いのにサラっとしているので、飲みやすいという不思議。

甘味の王林、力強さのふじ。

みたいな印象を受けましたね。

若干ふじの方が好きかなと思いますが、どちらも美味しいので気分で飲みわけもありですね。

他のスーパーPBでもストレートりんごジュースが

このりんごジュース飲んで、西友めっちゃ凄い。

この味のストレートりんごジュースをこの価格で売るんか!

と思ったんですよ。

それで『西友のりんごジュース革命』って投稿にしようと思ったんです。

レボリューション。

でも念のために他のスーパーも調べてみました。

イオン

ヤオコー

むむむ、けっこうあるじゃないか。

お前ら揃いも揃って「丸ごと搾った」って言わないと気が済まんタイプのスーパーたちか。

しかし西友のりんごジュース革命というより、日本にストレートタイプのりんごジュースが来ているのかもしれない!

日本でジュース革命が起きている。

僕が今まで知らなかっただけでしょうか。

このままオレンジ!パインと安いストレートジュースがどんどん増えて欲しいものです。

おじーでした。