おじ語り

思い立ったら色々書く。

買ってよかった2021大賞はOPPOのスマホ

この記事をシェアする

今年の購入品を振り返る

今週のはてなブログのお題が「買ってよかった2021」ということで、ちょっと今年購入したものを振り返ってみようかなと思いました。

とは言え、ブログを始めたり、55インチのテレビに買い替えた2020年と比較するとこれというものがあまり無い。

ぱっと思いつく物は、ポケモンソード。めっちゃ面白かった。ポケモンの素晴らしさを再確認した上で、ゲームの進化を感じさせてくれた。

あとジャッジアイズ。めっちゃ面白かった。キムタクが主人公ってだけじゃないの?と思いきやストーリーが極上の出来だった。はやく続編やりたいのよ。PS5で。

とは言え、ゲームソフトがNo.1かと言われるとどうだろう。悪くはないけど。

メガネとか服も良いものたくさんあったけど、やっぱり一番クリティカルだったのはOPPOのスマホ、Reno5Aかな。若干価値観まで変わったし。

中華スマホはやめとけ問題

今までスマホはソニー製ばかりでした。3/4がソニーのXperiaシリーズ。1回だけASUSも買ったけど。

そして2021年にはOPPOのReno5Aを買ったわけです。

ojigatari.com

この買い物にはちょっとした葛藤がありました。

中国メーカーのスマホを買って良いのか問題です。情報漏洩のリスクがあるから中華スマホは使ったらいかんとアメリカを筆頭とした色んな国がけっこううるさく言っているわけです。

日本でも重要インフラを扱う企業では中華スマホの代表格であるHUAWEIは使わんといてな!って通達が出ていたはず。

一個人であってもスマホは連絡先とか自分以外の情報にもアクセスするしなーと。

さらに個人としても銀行情報、クレカ情報、電子マネーにバーコード決済、最近だとマイナンバーまでスマホで取り扱うようになってきています。全ての情報がスマホに集約されていく時代で果たして巷で危険性が噂される中華スマホを使用して良いものかという葛藤ですよ。

でも中華スマホが安くて高性能なことは文句の付けようのない事実なんですよね。自分のスマホの活用度を考えると出せてせいぜい5万円程度だな、それ以上のお金はもっと楽しくなることに使いたいぞ。そう思ってしまったわけです。

ということで中華スマホも検討する中で色々と調べ、中国のスマホメーカーだけど、国の資本は入っていないから安心だよと言っているOPPOに出会ったわけです。実情は知りませんが、そう言われると比較的買いやすい。

そして最終的にはまぁいいかの精神で購入ですよ。夏にOPPOのReno5Aを買ったわけです。

使ってわかるOPPOのコスパ

OPPO Reno5A

今年からOPPOのスマホを使い始めたわけです。僕は日本の製造業に従事する者として、基本的には日本のメーカーを応援したいと心から思っているのですが、はっきり言ってスマホに関してはもう戻れないかもしれないです。中国から。

まず何が素晴らしいかってやっぱりカメラ性能。最近のスマホは技術が頭打ちで、目新しい進化が無いなんて嘆かれる中、各社はカメラ性能の向上で競っている印象があります。

僕の買ったReno5Aは4万円台のスマホのくせに6400万画素とかいうとんでもない性能を持っているので、前の機種より目に見えて写真が綺麗になりました。

実際に撮った写真を公開し、褒めていただくということもあったので、このブログの更新にも役立っています。

そして気の利いたサービスですよ。気が利くのは日本が世界No.1だと思っていましたが今や中国もなかなか負けていない。

防水やおサイフケータイ等の一昔前には海外メーカーのスマホには付いていなかった日本的な機能もちゃんと備わっています。

そして、スマホを買ったら最初から画面保護フィルムと保護ケースが装着されていたのには本当にビックリ。男は黙ってクリアケースが信条の僕なので、別に買わずに済んだのは地味にありがたかった。

CPUやメモリなんかは他社製品のスペックと価格を比較すれば、その頑張りは一目瞭然。本当に文句の付けどころがないんですよ。

2個前はおサイフケータイついてない、1個前は電池容量小さいとかで何かしら不満がありましたが、久しぶりに満点です。

これで4万円ちょっとですからね。Amazonだと3万円だし。どうしよう、やっぱり日本のメーカーに戻れない。やばい。

ojigatari.com

なんならスマホが問題なく優秀だったもんで、活動量計まで買ってしまった。これじゃもはやOPPOファンじゃないか。

考えて買った結果、満足してる

中華スマホどうするかなという懸念から、一応国の資本が入っていないからというOPPOを選んで購入し、結果的にその製品の質に大満足しています。使い始めてもう半年くらい経つけど。

アメリカがどう言おうと製品の品質が良くて安い以上は、選ばれちゃうのは仕方ないよなとこのスマホを使ってみて強く思いました。これこれ!これでいいんよ!ってなっちゃう。

今後も社会の空気は読みつつ、それでも自分が満足出来る商品を求めていくと今回のように結果的に中国メーカーの物でしたってケースが増えていくのではないかなと思っています。

日本も頑張れ。

おじーでした。

今週のお題「買ってよかった2021」