おじ語り

思い立ったら色々書く。

高麗豆腐のざる豆腐と汲み上げ湯葉をいただく(日高市)

この記事をシェアする

日高市 高麗豆腐

高麗豆腐 外観

夏に登って気に入った埼玉県は日高市の山、日和田山にまた登ってきました。

夏と違って人が多かった。やっぱり登山のシーズンは春とか秋なのか。

そんな日和田山の登山口のほど近くというか、高麗駅の近くに有名な豆腐屋さんがあると聞いて帰りに寄ってみました。

『高麗豆腐』さんです。なんともレトロな外観。ちゃんと駐車場は隣にありました。

高麗豆腐 冷蔵庫
チョコレートプラネット サイン

中に入ると商品が入っている冷蔵庫。なぜかチョコレートプラネットのサインが飾られていました。

どんだけ~とそろりそろりって書いてありますが、もうチョコプラはこのモノマネしなくてもガンガン売れていますね。

ステイ(チョコプラ松尾ver.)は毎日でも観れる謎の中毒性があります。

さて、店の名前を背負った高麗豆腐という商品と、汲み上げ湯葉という商品を買いました。

けっこう何を買うか迷ったんですけど、店員さんが丁度いい具合に商品説明をしてくれました。

ざる豆腐

高麗豆腐
高麗豆腐 醤油

ざる豆腐(小)460円。なかなかの高級品ですね。

昔々にとんねるずの番組の食わず嫌いってコーナーで女優の成海璃子がお土産として紹介したらしい。

普段はスーパーの安い豆腐しか食べないので、すごく美味しく感じました。

みっちりと詰まったような密度なのに、舌触りはなめらかで、豆の濃ゆい味をガツンと感じます。こりゃ美味しい。

どうしても豆腐って脇役になりがちですけど、これだけ豆の味が濃ければ主役にもなれそうな存在感がありますね。

汲み上げ湯葉

高麗豆腐 湯葉
汲み上げ湯葉

こちらは汲み上げ湯葉。よく見る棒湯葉も同じ冷蔵庫にあったんですけど、その棒湯葉はこの汲み上げ湯葉を成形したものなんだよーという店員さんの口ぶりから、じゃあ汲み上げ湯葉の方を買ってみようとなりました。

わさび醤油で食べるのがオススメってことだったので、刺し身湯葉みたいな感じですかね。

無造作に盛られた湯葉を箸でとると、なんかブッラータチーズの中身みたいな感じでした。

味はやっぱり豆腐と同じく、豆の味をダイレクトに感じて実に美味しいんですけど、豆腐と違って湯葉は普段食べないので、比較対象がないのが切ない。どんだけ~。

絶対評価で美味しかったです。無限に食えそう。

他にも色々

今回は買いませんでしたが、他にも色のついた湯葉なんかもありました。青豆や黒豆を使っているそうです。

あと珍しいのが豆腐の味噌漬け。買ってから何日か冷蔵庫で保存しておくと食べ頃がやってくるらしいです。

一口に豆腐屋っていってもバリエーション豊かだなと驚きました。

日和田山の登山や巾着田の観光のついでにお土産に豆腐や湯葉を買うのもいいかもしれませんね。

おじーでした。