おじ語り

思い立ったら色々書く。

PS5転売対策でゲオに苛つく己の小ささよ

ゲオ「PS5の抽選に参加したくばPS4を売れ」

PS5欲しいって言っている期間が長すぎて、本当に欲しいのかもはや自分でもわからなくなっている今日この頃。俺はPS5が欲しいんだと言い聞かせながら生きていく。ゲームを愛するものとして。

基本的に方針としてはソニー公式、Amazon、楽天ブックス、ノジマ、ゲオあたりの抽選に気付いたら参加するって動きを取っているんですけど、未だ購入するには至っていない。本気度が足りないのかもしれないですね。

しかし先日のゲオの思い切った決定には驚きました。

PS5の抽選へ参加し、当選したらPS4を下取りに出さないといけないんですって。

www.j-cast.com

めっちゃ狙いはわかりますよ。つまりは転売対策です。

鬼畜転売ヤーたちにとってはPS5はゲーム機じゃないですからね。商材ですよ。きっしょいわー。

そんな気持ち悪い連中ではなく、ゲオは僕達のようなPS5したい!ハァハァゼーゼー、うわぁぁ!PS5したい!野々村チックになっている層に確実にPS5を売れないか考えてくれているわけです。

今までは転売対策に開封して、内袋にバッテンマークつけます!とかだったんだけど、全然効果無かったんでしょうね。

こういった対策を色々と講じてくれるゲオ。本来僕らは感謝するべきなんですが、もうね、このニュースを見た瞬間拒否反応が出ました。

なんで俺のかわいいPS4を手放さなあかんねん!ふざけんな!って。

 

 

プラチナトロフィー見せるとかじゃダメか?

もちろん頭では分かっているんです。PS5には後方互換があるからお前らPS4もういらんやろってゲオが言っているのも。

でも使わなくなったゲーム機ってなんとなく2年位は無駄にクローゼットに保管しておきたいじゃないですか。絶対僕だけじゃないでしょ。

万が一データ移行に不備があったり、最新機種では出来ないことがあると気付いたときに手元からなくなっていたら泣きますよ。

僕がね、購入の条件を課すのであれば【PlayStationのアカウントを見せ、プラチナトロフィーを店員さんに自慢すること】とかにしますよ。

そしたら僕は『ソフィーのアトリエ』のトロフィーをいかにしてコンプリートしたか店員さんに気持ち悪く語ってやります。

「隠されし書架でハルモニウムとヴェルベティスは集めまくりましたよー!いや、大変だった!やっぱり武器につけたい特性と言えば全能の力ですよねー」とか言って。

店員さんも「お…おう…」ってPS5を快く差し出してくれるはず。こんなにわかりやすくこいつゲーム本気でやってやがるなってわかる方法ないじゃないですか。

でもやっぱ悪いのは転売ヤーと購入者よ

PS4を手放したくないので、今回ゲオの抽選には参加しませんでした。今後この条件が継続されるかはわからないそうで。

続くようならゲオの抽選への参加は見送らざるをえませんが、仕方ない。

ゲオに苛立つ己の愚かさよ。

悪いのは転売ヤーですからね。ゲオだって本当はこんな面倒くさいことしたくないでしょう。

そして転売ヤーから買う人も酷いですよ。転売ヤーをこの愚かな行為に走らせているのは自分たちだという自覚を持って欲しいもんだ。

ちょくちょくPS5増産!みたいなニュース見るけど、あれ本当なんですかね?早くロストジャッジメントやりたいよ。

おじーでした。