おじ語り

思い立ったら色々書く。

完全栄養食が流行っている理由

ベースブレッドを今更食べる

ちょっと前から『完全栄養食』と名乗る食品が店に並ぶのをよく見るようになった気がします。明らかに流行っていますよね。

特に日清が出している完全メシとかは驚きました。不健康な食品の代表みたいに言われてきたカップ麺と究極の健康食品みたいな完全栄養食が同時に成立するなんて。ギャップが凄いなって。ちょっと気になるわって。

とは言え、僕はスキあらばマクドナルドみたいな人間なので、あまり積極的にはそういった食品を買う機会はなかったんですけど、この度ベースブレッドというパンを食べてみたんです。

これですね。

なんかウェブ広告でよく見かけるので存在は知っていました。

いわゆる完全栄養食ってのを売りにしている商品群の中でも代表格でしょう。これを1食分である2つ食べれば過剰摂取になりやすい脂質や炭水化物などを除いた他の栄養素で1日の必要量の1/3が摂取できるということだそうです。1個しか食べませんでしたが。

そんなベースブレッドだからもう裏面の栄養価の表示はすごいですね。見たことのないような景色になっています。

ベースブレッド 栄養価

各栄養価の隣にかっこ書きで一日のうちどれくらいが摂取できるのか書いてある。×2すればたしかに軒並み3割3分をグンっと超えてくる計算になっていますね。いや、科学的だな。

ベースブレッド チョコ味

味としてはいたって普通。自販機で売っているようなパンみたいな。栄養価めっちゃ頑張っているからって苦かったり薬みたいな味がするわけではない。そんなん売れないから当たり前か。

ただ、食感は普通じゃなかった。パリパリしていたりツブツブしていたりで、なんじゃこの食感?とか思いましたが、なんだったんだろう。チアシードなのかな。

特別美味しいわけではないけど、普通のパンとして食べられる味レベル。これなら健康意識が高い人が手に取る理由もわかります。

現代人は食事もメリハリ

なんていうかこういった完全栄養食ってカテゴリの食事は、食事を楽しむ!というより味はそこそこ、まずしっかりと体にいいものをという「摂取する」という表現が合うような気がしますよね。

ただ人々が美味しいものをやめて、食事をただただ栄養が摂れればいいやとしているかと言えばそんなことは全くない。みんな美味しいものは大好きなんですよね。

なんだか現代人はメリハリをつけるのが上手になっている気がします。美味しいものを食べるときはガッツリと目いっぱい美味しいものを堪能する。それ以外の食事は時に割り切って栄養価を最優先し、バランス調整みたいな感じで。

そりゃそうですよね。365日3食本気で食に向き合う必要なんて全然ないですもん。人生メリハリが重要だ。抜くところは抜き、入れるところは入れる。だからこそここぞというとき輝くんよ。

なんだかなるほど、だから今は完全栄養食とやらが流行っているのかなと思いました。ちょっと前はサラダチキンでしたよね。

俺も抜く時はマック、入れる時はガッツリしっかりとするか。デブまっしぐらだな。

おじーでした。