おじ語り

思い立ったら色々書く。

Nクールのタオルケットの季節だ。【ニトリ】

この記事をシェアする

暑く寝苦しい夜は布団なんていらない

今年も気温が上がってきましたね!

梅雨に、夏がやってきています。

暑いと日中だるいのもありますが、寝る時もけっこう困りますよね。

あちーあちーと寝苦しい夜を過ごさねばならない。

ずっとエアコンつけていればまだいいですけど、タイマー設定で消えるようにしたりなんてすれば、またすぐに暑くなった室温により目覚めたりなんてこともあります。

もう夏の間は個人的には布団なんかいらないとすら思いますが、なければないで体を冷やしてしまうこともありますよね。

そんな寝る時の温度調整が難しい夏。

今更説明不要かもしれませんが、僕はニトリのNクールシリーズを愛用しています。

敷きパッドとひんやりケット。

ニトリ Nクールとは

ニトリの人気シリーズNクール。

接触冷感生地の先駆け的なイメージですね。

今だとユニクロのエアリズムとかもそうですけど。

接触冷感と謳う通り、触るとひんやりと冷たさを感じます。

ニトリ店舗に行くとだいたいNクールと普通の生地が並べて置いてあって、比べることが出来ます。

触る度に毎回「すげぇ!全然違う!」といい大人が少年のようになるのでけっこう凄いテクノロジーだと思います。

今だとNクール、Nクールスーパー、Nクールダブルスーパーと3種類のラインナップがあり、それぞれ冷たさの度合いが違います。

僕が使っているのは通常のNクールですが、それでもちゃんとひんやり感を感じます。

これが温度コントロール機能素材であるPCMとやらを使ったハイエンドモデル、Nクールダブルスーパーになるとどれだけ涼しいのでしょうか。まさか寒くないだろうな。

値段は倍ぐらいするけどちょっと試してみたいです。

しかもNクールシリーズ、涼しいだけではなく、制菌防臭という機能まで備えている。間違いなく暑い夏にうってつけの優秀寝具です。

ニトリのNクールタオルケットはリバーシブルで使いやすい

今僕が使っているのはこちらのふたつ。


ひんやりケット シングル(Nクールモチモチ i-n S) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】 〔合計金額11000円以上送料無料対象商品〕

Nクールの敷きパッドとひんやりケット。

肌布団タイプもありますが、暑がりなのでより薄い物をチョイスしました。

下からNクール、上からNクール。冷感と冷感のサンドウィッチ。

これは快適ですよ。

ベッドに入った瞬間のひんやり感に科学技術の発達に心から感謝したくなります。

あぁ、ワシはなんて良い時代に生まれたのだと。

そしてNクールの肌布団もそうですが、ひんやりケットの細やかな気遣いも嬉しい。

なんと寝具のくせにリバーシブルなんですよ!

服のリバーシブルはだいたい片面しか使いませんけど、こちらは違う。

暑い日は普通にNクールの接触冷感生地を内側に、ひんやり感を堪能する。

そしてそんなに暑くない日はそれを裏返す。

なんということでしょう。現れるのはタオルのようなパイル生地。

そう、裏面はひんやりしないのです。

ひんやりケットはタオルケットでもあった。

1枚で2通りの使い方というお得感。しかもさすがニトリ、安い。

お、値段以上に偽りなしですわ。

シングルなら1990円。

Nクールスーパーなら2990円

Nクールダブルスーパーなら3990円とグレードが上がるにつき、1,000円ずつ増していきます。

ちなみに僕が使っている敷きパッドは4隅にゴムバンドがついているのですが、今は裏に滑り止めがついていて、置くだけで良いモデルもあるそうです。

これは羨ましい、敷きパッドは扱いやすくて便利なのですが、ゴムバンドのダサさを我慢せねばならないというジレンマがあったんですよね。

通常のNクールではなく、NクールスーパーとNクールダブルスーパーだけの展開みたいですけど。

夏はニトリのNクールの季節

暑くなって夏を感じる機会が増えてきたのでNクールの出番!と使い始め、せっかくなのでご紹介いたしました。

みんな使ってますかね。ほんとニトリの寝具優秀です。

ホテルスタイル枕のもちもち感とか。

IKEAの家具がけっこう好きですが、ベッド周りはとりあえずニトリで揃えておけば間違いない。

今年も暑い日はNクールに頼ることにします。

ただ今書いていて、めちゃめちゃダブルスーパーの実力が気になってきました。

もし使っている方がいたら感想教えて下さい。

Nクールシリーズ使ったことがないよって方はぜひお試しを。

おじーでした。