おじ語り

思い立ったら色々書く。

楽天銀行の暴虐っぷりよ!freeeもMoneyTreeも連携できず。

クラウド会計『freee』と楽天銀行の連携終了

ニュースをチェックしていたら気になるトピックが。

www.nikkei.com

クラウド会計の『freee』と楽天銀行の連携機能が終了して、機能が使えなくなるとのこと。

このニュースを見て僕は「また出たよ。楽天銀行の暴虐っぷりが。」と思いました。

このfreeeというのは、操作が簡単で会計の知識がなくても決算書や確定申告書が作れることから個人や中小企業にも人気の言わばクラウド会計の先駆け的なサービス。

最近の会計ソフトって超便利なんですよ。銀行の口座情報やクレジットカードの情報を登録しておくと、自動で明細を取り込んでAIがそれっぽい仕訳を勝手にしてくれる。

なので、事業者は簡単なチェックや手直しするだけで経理業務の基本的な部分はできちゃうという税理士泣かせな世の中になってきているんです。

月額利用料なんかも安いので、青色申告していない個人事業主なんかはこういったソフトで開業届だして、確定申告したらかなり捗るんじゃないかなと思います。たしか開業届は無料で作れたはず。

でもこの度その便利な明細の自動取り込みがfreeeと楽天銀行同士で条件の折り合いがつかずに出来なくなってしまったということですね。

そうなってくると今度は事業者泣かせですよ。今まで勝手にやってくれていた経理業務が止まっちゃうわけですからね。一応手動でのデータのやり取りは出来るみたいですが、PC操作が苦手な人は超困っている人もいるんじゃないかなと思います。

実は以前にこれと全く同じようなことを僕も経験していました。

家計簿アプリですよ。

 

MoneyTreeも楽天銀行と連携できない(無料版)

言ってしまえば会計と家計簿なんて似たようなもんです。取り扱う範囲が広いか狭いかだけで。

なので家計簿アプリも先述したクラウド会計と同じく銀行口座情報やクレジットカード情報、更には電子マネーやポイント、証券の情報を登録すると自動的に明細を合体させてくれて家計簿の完全体が自動で出来上がるという革命的超便利アプリです。

紙の家計簿大変だなって思っている人はすべからくインストールするべき。最初は感動しますよ。

僕が昔から使っている家計簿アプリはMoneyTreeというサービス。

無料で使えて、ごちゃごちゃしていないシンプルな見た目がセンス良いので気に入っています。

ですが、僕がメイン口座として使っている楽天銀行の口座が2020年から両者の合意に至らなかったとの理由で連携できなくなっていたんですよ。

そう、まさに今回のfreeeとまったく一緒。

なので、僕は今カード明細やサブの銀行口座、証券情報といった細々とした物は管理しているのに、いちばん重要なメイン口座についてはノーマークというかなりアホな状態なのです!

有料プランや、他のアプリをかませるという裏技を使うことで連携することも出来ることは出来るのですが、お金払いたくないし、面倒くさいことはしたくない。

こうもたて続けに数ある銀行のうち、楽天銀行の口座だけが各サービスと連携できなくなるということがあると、どうせ楽天側がなんか厳しい条件突きつけていんだろうなと考えてしまいます。

ウチと連携したけりゃ蓬莱の玉の枝持ってこい。燕の子安貝でもええで。みたいな感じで。

連携し続けるマネーフォワード

面白いのがクラウド会計freeeeのライバル『マネーフォワードクラウド』と、家計簿アプリMoneyTreeのライバルの『マネーフォワード ME』ですよ。

サービス内容としては、バッチリ似たような感じですが、マネーフォワードは楽天銀行との連携が相変わらず出来ているようです。

freeeやMoneyTreeと違って楽天銀行から突き付けられる条件に見事応え続けているのか、仲が良いのかわかりませんが今のところ連携出来ているんですよね。

なので、僕も家計簿アプリはMoneyTreeからマネーフォワードMEに何度も乗り換えようと思っていますが、MoneyTreeの使い勝手は気に入っているし、なんとなく見た目もいいしなーとかで実現していません。あと単純に面倒くさい。

マネーフォワードクラウドに関しても、勤務先で「部長!会計も勤怠も経費も給与もシステム全部マネーフォワードにしましょうよ!安いし絶対便利ですよ!」って提案したけど光の速さで却下されました。時代はクラウドなのに。

ということで全然マネーフォワードは使えていない。でもそろそろ使ってみようかなと思います。紹介したからには。

楽天はマネーサポートを使わせたいのか?

ここまで特に家計簿アプリについて語ってきましたが、実は楽天銀行が似たようなサービスもやっているんですよね。

その名も『マネーサポート』。楽天銀行口座を持つ者だけが利用できる。

機能としては無料で、各金融機関等の明細を自動取得して家計簿を作成しますよ!というもの。

意外と主要どころは押さえているので、使えるは全然使えるんですけど、見やすさを比較すると圧倒的にMoneyTreeやマネーフォワードMEに軍配が上がります。

さらに単独の家計簿アプリではなく、楽天銀行のサービスの中の1つなので、一度楽天銀行アプリを立ち上げてからマネーサポートを見るという流れが必要だから面倒くさい。

なので、使ってません。これを使えば楽天銀行の数字は見れるのに。

もし、楽天銀行がマネーサポートをみんなに使って欲しいと思ってMoneyTreeに厳しいこと言っているのであれば、ちょっと待ったをかけたいところです。

あんたまだそのレベルじゃないわよ。家計簿アプリ単体として生まれ変わってから出直してきな!そう思います。

 

でも俺のメイン口座は楽天銀行

書いてて思いましたね。楽天銀行ひどいわって。

連携の解除の事情というのは双方の交渉事だと思うので、実際のところ楽天側が悪いのかどうかというのは完全に妄想なんですけどね。火鼠の皮衣や龍の頸の玉を要求しているわけじゃないだろうとは思います。

でもフィンテック業界を引っ張る2社が揃って連携を断念するってのは、けっこうなことだと思うんですよ。楽天銀行ユーザーなんてめちゃめちゃ多いんですから、freeeもMoneyTreeも無視できるわけない。

多分ほんとに難しいこと言ってるんでしょうね。

でも僕のメイン口座は楽天銀行のままなんです。

楽天証券や楽天カードとの相性がいいんですもの。あぁ、恐ろしき楽天経済圏。

しまった、お買い物マラソンしてこなきゃ。

おじーでした。