おじ語り

思い立ったら色々書く。

もう一度gleeが観たい。ブレインメインの曲にハズレ無し。

この記事をシェアする

海外ドラマにハマるきっかけの1つ『glee』

今週のお題「もう一度見たいドラマ」ということで、海外ドラマにハマるきっかけとなったgleeについては語らずにはいられません。

アメリカで2009〜2015年まで放送されたドラマですが、当時はすごい人気で社会現象になったそうです。

高校生の合唱&ダンスパフォーマンス(glee)部のお話ということで、作中に往年の名曲たちをカバーしまりつつ、笑いあり、登場人物たちが青春しながら成長していく姿を観ていくんですが、僕にはとてもハマりました。

gleeの特徴としては、当時物語の主人公たちはスーパーマンみたいな人物像が多かった中で、いわゆる「負け犬」と呼ばれる人たちを主人公に据えています。

学校でいじめられているような人たちの集まる人たちがglee部なんですけど、その理由っていうのがただダサいとかではなく、人種だったり、障害だったり、同性愛だったり、かなり踏み込んだところにあるんですけど、そんなglee部が山あり谷ありでかっこいいパフォーマンスをしていって結果を出していくと凄く心に響くものがあるんです。

大変な状況でも頑張る若者に心を打たれるというか。

箱根駅伝とか甲子園とか好きな人ってこんな気持ちなのでしょうか。

Huluで一気観したのですが、今はそちらでは配信終了していて、Netflixで配信してるんだったかな。

また観たいなーとちょくちょくAmazonでBlu-rayのBOXをチェックしちゃっています。

高いから買わないとは思いますけどね。(多分)

そしてgleeを彩るのは言わずもがな、登場人物たちがストーリーにマッチする曲を歌って踊るパフォーマンス。

僕が一番好きなシーンは、シーズン2の8話「グリー式ハッピーウエディング」のフィンが『Just the Way You Are』を歌うシーン。

説明するまでもないかもしれませんが、Just the Way You Areは最近嵐に楽曲を提供したことでも話題のブルーノ・マーズの名曲です。日本でも結婚式でめちゃめちゃ使われますね。

タイトルのまま、君はありのままでいいんだよという曲ですが、僕の一番好きなキャラクターであるカートが色々あって傷ついているところで、フィンがこの曲をカートに歌うということで、このシーンのカートの笑顔を観ると心が幸せに満ち満ちます。

というわけでNo.1大好きシーンは確定でここなのですが、パフォーマンスの平均点で言えばブレインに勝るキャラはいないでしょう。

完全に独断と偏見です。

好きなブレイン曲

まず断っておきますが、ネタバレとかの配慮は一切しません(笑)

ブレインというキャラは先程も出てきたカートの相方。

彼がメインで歌う曲が物凄く良い。

Teenage Dream

まず外せないのは『Teenage Dream』カートとブレインの出会いの曲であり、別れの曲にもなったケイティ・ペリーの名曲カバー。

シーズン2のTeenage Dreamは明るく、楽しいイメージなのに、シーズン4のピアノ弾き語りバージョンは聴いてるこちらの心が締め付けられるような切なく歌い上げます。

どちらもめちゃめちゃ良い。

Last Friday Night

そして同じケイティ・ペリーの曲だとLast Friday Nightもとっても良い。

なんとシーズン2はライバル校で活躍したブレインはシーズン3で転校してくる。嬉しい限り。

なのでこの曲は部室で楽しそうに歌っています。

 大会での曲もめっちゃ良い

gleeは部活のお話なので大会があります。

大会では主人公たちはカバーでないオリジナル楽曲でパフォーマンスをしたり展開が熱かったり、見どころが多いのですが、ライバル校のパフォーマンスもあります。

そこでもブレインのパフォーマンスが凄い。

Hey, Soul Sister

Raise Your Glass

ライバル校であるダルトン高校のウォブラーズは伝統のある強豪校。

演奏は全部アカペラです。

これがまたかっこよくて。人気なのでウォブラーズの曲だけのアルバムも出たくらいです。

これがまた良いんです。

ドラマと音楽のどちらも楽しめるglee

いやー、好きなんですglee。

シーズン3までが最高に面白くて、あとはだんだんとという弱点はあるんですが。

ストーリーも本当に良いんですけど、やっぱり音楽が良いのも大きくて、ツタヤでサウンドトラックを借りまくったくらいです。

今ならSpotifyとかYou Tubeで聴き放題なんですけどね。

今回は僕が好きな曲たちを紹介するだけの動画となりました。

まだまだ数え切れないくらい好きな曲がありますが。

前提の説明を全然していないので、ちょっと何言っているか分からなかったかもしれませんが、観たことない人には興味を持っていただければと思います。

また、観たことある方には、私はこの曲・シーン・キャラがお気に入りだなと思い出してもらうきっかけになればいいなー。

おじーでした。