おじ語り

思い立ったら色々書く。

白いスニーカーの黒ずみをメラミンスポンジで落とす

ユニクロの白いスニーカーが汚れた

日々ユニクロばっかり着ている僕ですが、靴もユニクロのスニーカーを愛用しています。

コットンキャンバススニーカー

画像引用:UNIQLO

このコットンキャンバススニーカー。真っ白のスニーカーって合わせやすいし、ダサくなりようがないし実に便利ですよね。

でも超わかりやすい欠点として汚れが目立つってことがあります。白いものの宿命ですね。

今最新版の商品説明読んで驚いたんですけど、今はつま先がゴムじゃなくなっているみたいですが、僕が買った時はつま先部が白いゴムだったんですよね。

履いているとそこに黒い汚れがなぜか付いていくんです。なんなんでしょうねあれ。あとソールの横の部分とか。

せっかくの真っ白いスニーカーが黒く汚れていたら格好がつかない。安いもんだから汚れたら買い替えでもいいけど、汚れ以外はなんの問題もないのです。

洗って綺麗になるものならそれで延命したい。

 

 

消しゴムで落ちるとか嘘

ということでスニーカーのゴムの黒ずみを洗浄すべく方法を色々と調べました。

真っ先に対策として挙げられていたのが、「消しゴムでこすれば落ちるよ!」という情報。

濡らさずに済むし、手軽だしめっちゃ良いじゃん!と思って試したものの、全然綺麗にならず。

なんやねんあの情報。お前らどんな消しゴム使ってんだよ。業務用か。こちとらMONOしか持ってないんだよ。

ということで、ネットに買いてある消しゴムで落ちるって情報は嘘だったので皆さん気をつけてください。

メラミンスポンジで一発

最有力情報であった消しゴムで綺麗にするという方法に失敗した僕はもう若干ヤケになっていました。

もういいや。メラミンスポンジで削っちまえ。

そう思い、激落ちくんを袋から取り出しおもむろに濡らしてゴムを磨き始めます。

さすが激落ちくん。スニーカーはガンガン白さを取り戻す。

メラミンスポンジって研磨して綺麗にするっていう物だから、多分ゴムの表面を削って白くしているってことになるんだろう。正直あんまり良くない気がする。

でも汚れていて、買い替えようかどうかってレベルのスニーカーを延命できるのであればそれは大いにあり。エコ!

というわけで、スニーカーのゴム部分が汚れて困っちゃったって人はメラミンスポンジでこすれば復活します。

そうです。はてなブログの今週のお題が「最近洗ったもの」についてだったのでした。スニーカーを洗っていました。

おじーでした。

今週のお題「最近洗ったもの」