おじ語り

思い立ったら色々書く。

ヤングココナッツをイオンで発見した

この記事をシェアする

ココナッツウォーターのロマン

以前にも書きました。

ojigatari.com

ココナッツウォーターのロマンについて。

生命の水とも言えるくらい栄養豊富なココナッツ。

ただ実の姿で飲めるのは観光地くらいなのが欠点だよなと思っていました。

なのに、なのに見つけてしまった。

最寄りのイオンで。

ヤングココナッツ。

ヤングココナッツ

ただのココナッツじゃありません。ヤングココナッツです。

300円くらいだったかな。

ココナッツは青く若い方が中のココナッツウォーターがたっぷり入っています。

そして味もクセ抑えめ。

ココナッツウォーター飲むならヤングに限ります。

野球選手は高卒ルーキーがロマンであるように、ココナッツもまたヤングが良いのです。

この商品は丁寧に青い部分が削ってあったので全面白いわけですが、きっと削られる前は青々しかったことでしょう。

というかなんでわざわざ削ってあるのでしょう。面倒くさいでしょうに。

不思議です。

そして、ストローも凄い。

バンブーストロー。竹ですよ!

竹のストローでココナッツウォーター飲むとか全世界の少年の夢を具現化したような商品ではないでしょうか。

家で飲んでいても気分は熱帯。

ヤングココナッツ

ヤングココナッツ

バンブーストローを思いっきり刺します。

なかなか貫通しないので、垂直に力をかなり入れました。

ココナッツウォーターはとってもフレッシュな味わい。

紙パックで飲むやつより美味しかった。

ただ当たり外れが激しいのもココナッツウォーターの魅力。

今回は当たりですね。

一気に飲み干すとけっこうな果汁が入っていたので満足度も高い。

最後に包丁で割って果肉もいただこうと思いましたが、めっちゃ硬くて刃が入っていかない。

ちょっと粘ったけどやっぱ鉈とかないと無理かなと諦めました。

まさかイオンでココナッツが買えるなんて、たまに掘り出し物ありますよね。

ドリアンも売ってたし。5000円くらいだったけど。

臭い臭いと噂のドリアン、いつか食べてみたい。

しかし南国に行きたくなりました。

でも英語できないので沖縄がいいです。

沖縄ではオジーはおじいちゃん的な意味なので、僕ももれなく爺ちゃんです。

おじーでした。