おじ語り

思い立ったら色々書く。

フィットのリアワイパーをオートバックスのプライベートブランド品に交換した

この記事をシェアする

フィットのリアワイパーが壊れた!

社会人1年目にローン組んで買った愛車のフィットももう10万キロを走り、色々と傷んできています。

先日もバックで駐車しようとしていたら背後から鬼婆の泣き叫ぶような音が聞こえてきたので何事かと思い確認したところ、リアワイパーのゴムがデロンデロンになっていました。

デロンデロンのワイパーゴム

これはまずい。

ということで、替えのワイパーを入手しなくてはなりません。

僕はタイヤをオートバックスのプライベートブランドで安く手に入れた成功体験で、とりあえずカー用品はオートバックスのプライベートブランドを最初の候補にするという性質があります。

ので、オートバックスに行ってきました。

オートバックスプライベートブランド
AQ リア樹脂ワイパー(GRA35 )

AQ リア樹脂ワイパー

こちらが購入してきたリアワイパーです。

税込で1428円でした。

オートバックスのプライベートブランドのワイパーブレード。

AQというのはオートバックスクオリティだったと思いましたが、どこがポイントなのでしょうか。

NWB(日本ワイパーブレード)製造

NBW(日本ブレードワイパー)製造

販売はオートバックスなのですが、製造は日本ワイパーブレードとのこと。

この日本ワイパーブレードさんが作るワイパーブレードは、国内の自動車メーカーから純正品として採用されることが一番多いということです。

なので、オートバックスのプライベートブランドとは言え、ほぼ純正品!そう言っても良いのではないでしょうか。

言い過ぎでしょうか。

まぁ製造元がちゃんとしたところなので、安心して使えるということは間違いないでしょう。

グラファイトワイパー

グラファイトワイパーってなんぞと思いましたが、グラファイトとは炭素微粒子のことだそうです。

このグラファイトがワイパーゴムにコーティング加工されているのがグラファイトワイパーということです。

このグラファイトの加工があることで、通常のゴムだけのワイパーよりガラス面との摩擦を軽減することが出来るのがメリット。

摩擦が軽減されることで滑らかな動きによる拭き取りが行われて、拭きムラやビビり音の軽減が期待できるということなんですね。

なので、あんまりワイパーゴムを布で拭いたりもしない方がいいそうです。取れちゃうかもしれないから。

交換方法

テキトーにこれかな?って買ったんですが、僕の使っているフィットには350mmのGRA35という品番でばっちり合っていました。

交換は実に簡単でした。

①外す

接合部

右のワイパーアームとワイパーが凹凸ではまっているだけでした。

ワイパーをアームと垂直方向に回して引っ張ると簡単にとれました。

 

はめる

②着ける

着けるのは取るのと逆ですね。

上の写真のようにワイパーとアームを垂直に近い状態で穴に差し込みます。

そしてきちんと入ったら平行方向に戻すだけ。

なんて楽なんでしょう。

戻す

③取り付け終わり

完成

これで取り付け終わりです。

なんとなくで出来ちゃいました。

こういうときだけは雨降るのが楽しみになりますね。

フィットのリアワイパーをAQリア樹脂ワイパーに交換した

というわけで今日はフィットのリアワイパーが壊れたので、オートバックスのプライベートブランドのワイパー『AQ リア樹脂ワイパー』交換してみました。

すぐに購入、交換できましたし満足しております。

ただオートバックスのプライベートブランドだからって凄く安いってわけでもなさそうですね。

Amazonで製造元の日本ワイパーブレードが出している『GRA35 』という同じ名前の型の物が送料込1420円ということで、同じくらいでした。

まぁ問題が起きて交換ということが多いでしょうから、すぐに手に入るというのはメリットになりますかね。

ちなみに僕も加入しているオートバックスのメンテナンス会員だと店員さんに無料で交換してもらえるのですが、今日は急ぎの用事があったので帰ってから自分でやりました。

面倒くさい場合はお願いするのもありだと思います。

ただ会員じゃないと200円かかるらしいです。

この簡単な作業を200円でひたすらやる仕事があるなら、僕は転職してリアワイパー替え職人になろうと思う日曜日でした。

おじーでした。