おじ語り

思い立ったら色々書く。

NHK受信料の事業者への要求がエグい

この記事をシェアする

昨今色々と批判の多いNHK

NHKをぶっ潰すでしたっけ?

ちょっと前にいわゆるN国党が選挙で目立ってましたけど、それ以前からNHKの受信料については世間から様々な批判がありましたね。

僕も嫌々ではありますが、集金の人たちが家に来ると著しく気分が悪くなるので年間25,000円くらいですか。地上波+BS分払っています。

けっこう高いですよね。かなりといってもいいか。

「みんなー!おまたせー!月々60円値下げしたよー!」なんてイライラという火に油を注ぐような動きでしたね。

だってほぼ毎日、休日はかなりがっつり使っているHuluが年額12,300円くらいですよ。その倍以上って。

本当にそんなに自分たちの放送に自信あるのでしょうか。

「もちろんさ!Huluより俺たちの方が倍面白いぜ!」って言ってくれたらノータイムでハリセン滅多打ちの刑ですけどね。誰か様子を撮影してください。

支払いが義務なら受信料じゃなくて、税金に上手いこと組み込んでくれたらまだストレスないのになぁとずっと思っているんですよ。

それでも局員の平均年収が1000万越えということを考えるともう少し観たくなるようなコンテンツを作ってくれよなと思いますけどね。

実際のところ昨年を振り返ってもNHK観たのは大谷が出ている野球中継くらいなもんだったと思います。

まぁそんなことは今回の本題ではなくってですね。

一般家庭は1世帯1契約だからまだいいんですよ。

上限が1家族みんな一緒で年間だいたい25,000円。

まだなんとか我慢できるレベルでしょう。

NHKの事業者への要求がエグすぎない?って思うんです。

事業者は受信機ごとの支払いが必要

一般家庭は先ほど書いた通り、1世帯あたりの請求が来るわけですが事業者に対しては受信機1つに対して1契約ということで請求がくるんですよね。

ビビりませんか。

一応事業所割引とかで2台目以降は半額になるんですが、それでもちょっと強欲すぎる気がします。

とある架空の温泉宿の場合

例えば、1棟10部屋の温泉旅館の場合、10部屋分テレビが置いてあるじゃないですか。

事務所にも1台あるとして、11台。

1台  24,740円

10台 12,370×10=123,700円(事業所割引)

年間合計148,440円ですよ。

エグくないですか。

しかも最近は受信機はテレビだけじゃないぞ、対応のスマホも対象だみたいなことも言っているわけですよ。

ワンセグ対応スマホ

じゃあこの温泉旅館がたまたま従業員にワンセグ対応のandroidを支給していたとしましょう。

地上波契約は年間14,205円ですが、事業所割引が入って1つ7,102円。

スマホ 7,102×5=35,510円

スマホ分は35,510円

地味にきついですよね。絶対スマホのワンセグ機能なんて従業員たち使っていないし。

更に更に、最近はスマホだけじゃないぞ、もちろんカーナビだって徴収の対象やぞと言っているわけです。

カーナビ

この旅館がじゃあ社用車3台持ってて、全部にカーナビ付けてたとします。

価格はスマホと同じですね。

カーナビ 7,102×3=21,306円

ナビで21,306円です。だから従業員は社用車でTV見ないってばよ。

しんどいですね。

この温泉宿へのNHKからの請求額

ぱっと思いついた仮の数字で計算してきましたが、この温泉宿の場合はNHKから合計205,256円の受信料の請求が来るということになります。

ほとんど使ってもいないのに20万越えって。

極端に言えば、ただ存在するというだけでも丸儲けですよ。

今回はテキトーに10部屋としましたが、規模が5倍、10倍となっていけば、年間100万、200万の受信料となっていきます。

いやー、怖いですねぇ。

一般家庭はまだいいけど、事業者は全部真面目に払うのキツいよなーと思います。

旅館だけの問題じゃなくて、運送業とかでナビ載せている車がいっぱいあるとかでも同じですよね。

社員全員にandroid支給とかも場合によっては危ない。

何が嫌なんだろう

書いててなんだかなぁってなっていますが僕は「NHKをぶっ壊す!」みたいな過激派ではないので、なんで嫌な気持ちになるのかだけ考えておしまいにします。

求められていないくせにやたら偉そう

けっこう観てもいないのに高い金をとられるって怒る人が多いじゃないですか。

押し売りにも程があるだろうと。

だから視聴したい人だけが視聴できるスクランブル化しろってみんな言うわけですが、NHKは「それは公共放送としての道から外れるから無理だ!」っていうわけじゃないですか。

なるほど、それはわかった。

じゃあ公共事業っていうならやっぱり税金でやりゃいいんじゃないか?って僕は思うんです。

そうすると、NHKは「国とくっついてしまうと政権に対して公正な放送がしにくくなるから無理だ!」とかいうじゃないですか。

あーもうコイツめんどくせーな!って嫌いになっちゃいますよね。

元々観るもんが無い、つまりみんなに求められてないからスクランブル化の話が盛り上がってるのに、国の世話にはなりたくないからお前ら金は出してくれよなって。

ちょっとそれは半端じゃねぇのかいと思うわけですよ。

国の世話になりたくなきゃ、覚悟を持って視聴者から求められる放送をすればいいですし。

採算度外視で勉強になるような放送だったり、福祉や教育に関わる部分がやりたいってんなら国のお金で存分にやればいいじゃないですか。

それを「あなたテレビ持っているから私たちの番組観れますね。観てなくとも我々公共のためにやってるんでね!お金払ってね!」っていうのはあまりに傲慢に見えてしまいます。

いや、頼んでないけどー!ってみんな言いたくもなりますよね。

それがまかり通ってしまうのがなんだかなぁって感じです。

不公平感

僕が受信料じゃなくて税金にして欲しいなと思う一番の理由は何と言っても不公平感があることなんですよね。

ほとんどの人は嫌だ嫌だ言いながらも受信料を払っているわけじゃないですか。

でもけっこう出会っちゃうんですよね。「いや、俺はNHK観ていないから払ってないよ」っていう人に。

やるせない気分になる。俺もほとんど観てないけどお金は払っているんだよなーと。

ちょっと「いいなー」って思っちゃう自分も凄く嫌だし。

一番モヤモヤします。

こんな状態を許している現状が気持ち悪い。やるならちゃんと本気出してやってくれよなと。

税金じゃなくても、受信料の支払いしなきゃ罰金でもなんでも課して本気出してもいいし、テレビの有無なんて確認しないで全世帯徴収でも良いと思う。

さっきもちょっと書いたスクランブル化でも勿論良いと思うけど、契約するかと言われたらまぁしないかな。

とにかくどんな方法でもいいから現状の不公平感はなくして欲しい。

「払わなくても観れるし得」みたいなのがいっぱいいるのは誰にとっても絶対良くない。

なので、不払いには罰則、または税金で運営、もしくはスクランブル化と、なんでもいいけど不公平なくしてくれ。

あと受信料の訪問徴収も大幅な経費削減になるだろうからやめたらいい。

最後にエールを

文句ばっかり言って終わると印象悪いので最後はエールで。

NHK教育なんかは絶対に子育て世帯の役には立ってる。なのでその分野は頑張れ!

結局、毎日必ずNHK観ますってくらい良い番組があれば何の文句もなくお金払うんですよ。

最初にHuluの金額も書きましたが、市場の相場に合ってないと思われているんでしょうね。僕も高いと思います。

もしかしたら無料の娯楽が面白い時代に僕たちは贅沢にさせられたのかもしれないな。

おじーでした。