おじ語り

思い立ったら色々書く。

つけ麺をあつもりで注文するのやめようぜ

冷やすといいもの『つけ麺の麺』

はてなブログの今週のお題が『冷やし○○』ですって。暑いですもんね。爬虫類を飼っていなかったら部屋をガンガンに冷やしたいところです。

あとは冷やすと良いものってなんだろうって考えていたんです。主に食べ物で。

この世の食べ物って基本的には温かい方が美味いんですよね。アイスクリーム以外は。安全面から人間にはそうインプットされているんでしょうかね。

じゃあ、なにかあったかなーと結構考えたんですが、ありましたよ。

つけ麺の麺。あれは冷やしているから美味いですよね。

ラーメンって言わずもがなスープが主役じゃないですか。それがつけ麺になると、麺がごん太になって、コシも抜群に出て、ワシワシと食べては、おぉん!小麦うまぁー!って笑顔になるじゃないですか。

もちろんつけ麺のスープも重要ですが、ラーメンと比べると麺を味わう比率がかなり高くなるってのはあると思うんです。

その美味しい麺のコシを生むのが茹で上がった麺を氷水で麺を締めるという店員さんの手が酷使される工程じゃないですか。

そう、つけ麺の麺は冷たいからいいんです。埼玉県といえば武蔵野うどんなんかも同じですね。

僕が理解できないのは『あつもり』ですよ。

 

 

『あつもり』が理解できない

いや、他人の飯の食い方なんて、とやかく言いたくないですよ。でもね、つけ麺をあつもりで食べる人とは多分わかり合えないと思う。シチューをご飯にかける人よりも余裕で理解できないんだもの。

つけ麺ってさっき書いたように麺にコシを出すためにわざわざキンッキンに冷えた水で麺を洗ってくれているわけじゃないですか。だからワシワシ食べるツルシコ麺が美味しいわけじゃないですか。

なんでそれをもう一回熱湯に入れされるのよ。穴掘り拷問か。店も断れ。

あつもりにする理由を聞けば多分こう答えるんでしょう。「スープが冷めちゃうから」って。うるせー、さっさと食えよ。

スープが冷めちゃうとか言ってるんだから多分ゆっくり食べてるんでしょう。それともあれか、麺をスープにつけるんじゃなくて投入してるんか?いいか?君が食べるのはつけ麺だぞ。

どちらにせよ、そんなスープが冷める!とか言うほどゆっくり食べていたら『あつもり』にした麺はスープがそれどころじゃなくフニャフニャに伸びちゃうでしょ。つけ麺特有の美味い麺はどこ行ったのよ。

一心不乱に麺を食べて、割りスープの段階でホッとする食い物でいいじゃんつけ麺は。なんやねんあつもりって。

つけ麺をあつもりで注文するのやめようぜ

そうなんですよ。人の食べ方なんてどうでもいいって口では言っておきながら、つけ麺屋であつもりオーダーしている人を見かけると脳内ではこんな呪詛にも近いことを思っています。

だからお願い。つけ麺をあつもりで注文するのやめようぜ。

さっきも言ったけど、店側も手間もかかるし、本来の美味しさもなくなるんだから基本断っちゃっていいと思う。なに得意げに「あつもりも出来ます」とか書いちゃってんの。なぁ、それは本当に優しさか?

うちはあつもりはやりません。ご希望の方はどうぞ報道ステーションでもご覧ください。くらいの張り紙にしたほうがいいよ。

今週のお題は冷やしたらいいものだったか。今一番冷やしたほうが良いのは僕の頭ですね。熱々のあつもりです。

おじーでした。

今週のお題「冷やし◯◯」