おじ語り

思い立ったら色々書く。

MENU

高倉町珈琲でリコッタパンケーキ

高倉町珈琲というチェーンの喫茶店がある

最近はスタバとかドトールのようなコーヒーショップといった店は定着しすぎて、もはや気にならない存在となりました。

昨今流行っているのは断然喫茶店じゃないでしょうか。

つい最近もコメダ珈琲が『コメ牛』という肉が入りまくった牛丼屋もびっくりのバーガーメニューをリリースし、話題となっていました。

https://www.komeda.co.jp/up_files/info/5f4c8b3f3914c.jpg

引用:コメダ珈琲店ホームページ

僕も肉だくだくを食べてみたいなーと思いつつも、公式ホームページを見ると好評につき、一部店舗で欠品中という文言もあり、意気揚々と行ったのに欠品で落胆したくないので、ちょっと様子見といったスタンスをとっております。

というわけで逆にコメダじゃない喫茶店に行こうと、しかし星乃は好きだからちょくちょく通っている。

そういえば高倉町珈琲なんてお店があったな。

よし、行ってみようということで、今回初めて高倉町珈琲に行ってまいりました。

高倉町珈琲とは

高倉町珈琲はホームページを見ると2014年に会社を設立したお店で、今は全国で30店舗くらいに拡大しているみたいです。

社長が新店舗がオープンする度に社員に向けてブログでメッセージを発信していて、熱い感じ、また伸びてる印象を受けました。

こだわりはコーヒーはもちろん、清潔でくつろげる空間とリコッタパンケーキが強みということで期待して行きました。

ちなみに名前の由来は一号店が東京都八王子市の高倉町だからということです。

高倉町珈琲に行ってみた(狭山店)

今日はあいにく曇りでしたが、外観がとても立派でした。

高倉町珈琲 外観

高倉町珈琲 外観

内装もおしゃれで、広い店舗で席の間隔も広かったので、たしかにリラックスできる空間だったと思います。

客層としては全体的に年齢が高め、流れているBGMはビートルズで、ちょっと大人好みなのかなという印象も受けました。

気になったのはレイアウトで、入り口付近にレジはなく、入って正面の奥にレジというのは珍しかったですが、動線としてはいかがなものかと思います。

考えがあってのことなのかなー。

ユニークなサービスだなと思ったのはこちら。

マスクケース

マスクケース

席につくとマスクケースを貰いました。

こういったサービスを他の飲食店で受けたことはありませんでしたが、たしかに外したマスクをポケットにつっこむよりも、この袋に入れてテーブルに置いていた方がなんとなくいい気がします。

心遣いを感じましたね。

高倉町珈琲で食べたもの

期間限定メニュー
パンケーキメニュー
期間限定メニューとパンケーキメニュー

今回は期間限定メニューをいただきました。

食事メニューとリコッタパンケーキとコーヒーのセットが選べたからです。

まず、食事メニューは『イベリコ豚のドリア』。

イベリコ豚という単語が訴えてくる力は凄い。なぜなんだろうイベリコという響きだけで反射的にとろける脂を連想し、うまそうだなぁと思ってしまいます。

子供の頃からブランドイメージを植え付けられてきたからでしょうか。今回もイベリコ豚という名前の魔力に抗うことはできず、このメニューを注文となりました。

イベリコ豚のドリア

イベリコ豚のドリア

とても美味しかったです。

あえて良かった点を挙げるとしたら、

イベリコ豚の味付け

メニュー名にもなっている言わば主役のイベリコ豚。

これの味付けがちょっと意外でした。イベリコ豚のドリアなんて銘打ってしまうと普通はちょっと気取った味を目指しそうな物ですが、この肉はなんともほっこり落ち着く味。

下味にショウガが使われているのでしょう。生姜焼きのような味わいでした。この肉単品だけで定食作れそうなくらいしっかりとした存在感がありましたが、ドリア自体と決して喧嘩しているわけではない良いバランスでした。

イベリコ豚と料理名に冠していても、ん?なにがしたいのかあんまわからんなと思うハズレもよくあるのですが、このイベリコ豚のドリアはたしかにイベリコ豚が主役になっていました。

チーズの量

提供の瞬間にチーズの量を香りで感じました。

おお!これは惜しげもなくフレッシュチーズを使っているドリアだな!と食べる前にテンションがあがります。

最近ですと植物性油脂を混ぜ込んだ安価なチーズも流行っていますが、やはり本物のフレッシュチーズがいいなぁと思います。

雑穀米

ドリアのご飯が雑穀米でした!これも珍しい!

すきあらば3食肉を食べていたい僕のような人間には、こういった肉のおまけに食べれる健康食材はありがたいです。

ラーメンのもやしすらありがたいのだから、雑穀米はかなりです。

リコッタパンケーキ

デザートは店の顔とも言えるリコッタパンケーキです。

高倉町珈琲では日本一のパンケーキを目指しているらしく、使用する素材の研究を重ねたのはもちろん、焼くときは熱伝導の良い銅製の専用グリルで焼いているということです。

以前書いたチタン商品の記事を読まれた方はお気付きかも知れませんが、僕はこういった金属の熱伝導とか機能について謳われると弱いです。なぜならかっこいいから。

まぁとにかくこだわっているという話ですね。

今回はセットのパンケーキなのでハーフサイズです。

リコッタパンケーキ

リコッタパンケーキ

こちらも美味しかった。

ふわふわの食感がさすがですし、トッピングの生クリームとメイプルシロップと合わせて食べて絶妙でした。

コーヒー

ブレンドコーヒー

ブレンドコーヒー

コーヒーの良し悪しを語れる舌はまだないのですが、こういった専門店で飲むコーヒーはだいたい美味しいですよね。

今回は飲んでみてうーん、これは苦味をそこまで感じないし、すっきりとして飲みやすいから浅煎りかなー。とか思ったのですが、後に調べると中くらいに煎っているとのこと。

やはりまだまだ難しいです。

ブレンドコーヒーのコンセプトとしては、コーヒーを飲みたい人、甘いものと一緒に飲む人、軽食後に飲む人といった色んな人にとって良いバランスを目指したとのこと。

なるほどなぁと思いました。

まとめ

高倉町珈琲気に入りました!ちょっと食事の価格が高いかなと思ったけど、食べたもの全部レベルが高かった。

店内の雰囲気もいい感じだし、是非おすすめしたいと思います。

ただ全国に30店舗あるのですが、半分くらいが東京と埼玉なので、もうちょっと拡大してくれるといいなと思います。

takakuramachi-coffee.co.jp

まず間違いなくリピートすると思いますが、とりあえずコメダのコメ牛も早く食べないとなぁー。

おじーでした。