おじ語り

思い立ったら色々書く。

テーブルヤシの成長が著しいので植え替え

この記事をシェアする

テーブルヤシの成長が著しい

2年前のテーブルヤシ
今のテーブルヤシ

2年前にホームセンターで300円くらいで買った小さな小さなテーブルヤシがすくすく育ってとんでもなくカオスになっていました。

親指と人差指で持てるくらい小さい鉢で丁度良い収まりだったテーブルヤシが一度植え替えたにも関わらず、爆発してしまいました。

これは放置しすぎました。

セリアで鉢と土を買って参りましょう。

テーブルヤシ

そもそもテーブルヤシを買ったのは室内に置くにはピッタリだと聞いたから。

ヤシの木にしては小型

まず基本的にはヤシの木ってイメージの通り、超背が高い。

でもテーブルヤシはあんまり大きくならないので室内で育てるには丁度良いとのこと。

とは言え、環境が整えば5mとかになるらしいけど。

でも日光があまり入ってこない室内・そして鉢植えならそんな成長することはないだろう。

テーブルヤシというその名にふさわしく、卓上に置けるくらいのサイズ感を保って欲しいものです。

それでもけっこういいペースで成長してくれていますが。

耐陰性が高い

また、ヤシの木のイメージって無人島の海辺で生育しているあれですね。

カンカン照りのところでこそすくすく育つというイメージです。

ですがテーブルヤシは耐陰性が高いとのこと。

なので、室内でも問題なく成長してゆくんですね。

ということで、テーブルヤシは室内に置く観葉植物にピッタリだと思って買ったわけですね。

テーブルヤシの植え替え

底石、観葉植物の土、赤玉土

早速セリアで買ってきた鉢と土を使って植え替えです。

鉢と観葉植物の土、赤玉土、底石を400円で買ってきました。

ありがとうセリア。

今までは観葉植物の土だけを買っていたのですが、表面にカビっぽいのが発生することがあって困っていたのです。

赤玉土は無機質用土なので、カビが生えないという長所があるので、表面に使うと便利なのです。

コバエ発生リスクも抑えることができます。

そして水はけ強化にもなるので、表面だけでなく中層に入れる観葉植物の土と混ぜ混ぜしました。

底石を敷いて

底石

赤玉土と観葉植物の土を入れて
赤玉土
観葉植物の土

赤玉土と観葉植物の土を入れて混ぜます。

セリアの観葉植物の土はフワフワとしていますね。

どちらも適度に入れて、混ぜました。素手で。

あとはテーブルヤシを置いて仕上げに表面に赤玉土と敷き詰めるだけです。

テーブルヤシの植え替え完成

テーブルヤシ 植え替え

これでテーブルヤシの植え替え完成です。

ちょっと斜めになってしまいましたが、とりあえず根付いてほしいです。

あとは木が色んな方向に暴れまくっていたので、ビニール紐でまとめてみました。

どうせならまっすぐ上に伸びて欲しい。

正直ちょっと間引いた方がいいのかなとも思いつつ、とりあえずは定着するまでは様子をみようと思います。

鉢をでかくしたことで更なる成長が見込めます。

最終的には1m以上の木になって部屋のインテリアに使えるぐらいまで育たないかなと密かな希望を胸に抱くのでした。

おじーでした。