おじ語り

思い立ったら色々書く。

ドコモの解約金がなくなったそうです

この記事をシェアする

ドコモが解約金制度を終了

長年キャリア間の移動を阻んできたいわゆる2年縛り。

今までは2年のうち決められた月でしか解約、乗り換えが許されていなく、その他の月では違約金が発生するという制度でした。

なので僕も昔々にauからmineoに乗り換える時はタイミングをしっかり見定めていた記憶があります。

でも正直面倒臭いですよね。思い立ったらすぐに変えたいことだってあるはずです。

最近では国の積極的な介入があり、解約金がかなり安くなっていたということもあるそうですが、その中でもドコモが今月から解約金を0円にしたそうです。

なかなか良いニュースですね。

今は数年前に比べてガンガンスマホの料金が安くなっているじゃないですか。それに伴って新しい料金プランもたくさん出ている。

スマホの回線については、どの会社のどのプランが自分にとってベストなのか、比較検討して選ぶということが必要な時代になっていますね。

でも一生懸命選んで、このプランめっちゃええやんけ!って思っても、今変えても解約金◯万円ですよ。って言われたらテンションガタ落ち。二の足を踏んでしまいます。

ろくでもない解約金違約金がなくなってこそ各社がサービスや価格で健全な競争出来るというもんですよ。

国もそういった狙いで2年縛りやめろとかSIMロックやめろと働きかけをしているのでしょう。

ドコモが解約金を無料にしたことで、auやソフトバンクも追随していけば良いなと思います。

自社ブランドなら無料とかセコいことやっとらんで、ドンッと構えていてほしいものですね。

楽天モバイルはエリアの整備を早く進めて欲しい

僕が現在使っている回線は楽天モバイル。個人的にこれからのブランドなので、応援しています。

LINEとちょっとしたネットサーフィンしかしないので、僕の場合はまったくもって不便なく使えています。

各社が安いプランを出しているので、楽天モバイルの登場時ほどの価格優位性は無いと思いますが、やはりコスパでは優秀だと思っています。

特にデータたくさん使う人にとっては最高でしょう。

公式Twitterではこんなツイートも。

月の高速通信の量が200ギガ以上だったということです。

恐ろしい量。これでも20ギガ使った人と同じ価格なんですから、ものすごい得です。

僕自身は毎月10ギガも使わないので、使い放題の恩恵は受けれていませんが、基本的に通信量を意識しなくて良いという点ではノーストレス。

ただ、これは楽天回線エリアに入っている人限定の話なんですね。

サービスエリア

まだエリアに入っていない人はパートナー回線の月5ギガをちまちまと使わされているわけです。

楽天回線の当初のエリア拡大の計画から動きがかなり鈍化している印象です。

今はコロナウイルスの影響もあって、各産業で半導体を使った部品が入りづらくなっているので、その影響で工事が進んでいないのかもしれません。

とは言え、同じような値段を払っているのに、かたやほぼ使い放題、かたや5ギガまでじゃあ後者が怒る気持ちもわかるので、引き続きエリア拡大には力を入れてほしいものです。

おじーでした。