おじ語り

思い立ったら色々書く。

所沢S.C.で崎陽軒のシウマイ弁当が購入出来るようになったよ!

この記事をシェアする

西武所沢S.C.に崎陽軒がオープン

崎陽軒のシウマイ弁当。

昔から芸能界の楽屋で好んで食べられているという話はよく聞いていました。

ウルフルズのケイスケさんはツアーで東京から地方に行くときは必ず崎陽軒のシウマイ弁当とのことです。

project.nikkeibp.co.jp

欲を言えばトータス松本さんであれば、もっとおぉー!ってなったのですが。

ちょっと前にはマツコ・デラックスのN国党へのコメントのイザコザに巻き込まれて、ダルビッシュまでコメントするなんてこともありました。

そんな色んな所で愛されている、また話題性に富んでいる崎陽軒のシウマイ弁当。

今まで食べたことがありませんでした。

でも2021年3月17日。

西武所沢S.C.の地下1階になんと崎陽軒がオープンしました。

西武所沢S.C.崎陽軒オープン

ちょうど今日は所沢に用事があったので、ちょっと寄って買ってきました。

シウマイ弁当。

これを間違えてシュウマイ弁当と書くと一部のファンに怒られるそうです。

所沢S.C.のシウマイ弁当

実は崎陽軒のシウマイ弁当が気になっていたのは、少し前に同じはてなブログ内でこの弁当に関するエントリを読んでいたから。

www.wakametecho.com

なんとシウマイ弁当は横浜工場のものと東京工場のものがあるとのこと!

なんかちょっと前にビールの工場ごとで味が違うとか、檸檬堂も工場ごとで違うとか話題になっていました。

実際は特に変わらないみたいなんですがちょっとロマンがありますよね。

所沢の弁当はどっちの工場なのでしょうか。

なんとなく予想はついていましたが、東京工場でした。

崎陽軒シウマイ弁当
東京工場産

崎陽軒シウマイ弁当を食べる

崎陽軒シウマイ弁当

これが話に聞く崎陽軒のシウマイ弁当か。

シウマイ5個、唐揚げ1個、たまご焼き、蒲鉾、筍の煮物にアンズに昆布と生姜と豊富なおかず。

このおかずとご飯を食べすすめるバランスを考えて楽しみながら食べ進めるのが玄人みたいです。

『冷めても美味しい』工夫がされているらしいので、レンチンなんかはせずにそのままいただきました。

まずご飯がもちもちで美味い。パンチの効いた紅生姜と一緒に食べたら箸がすすむ。

筍はたくさん入っています。かなり甘め。

なるほど、シウマイは冷めても美味しいを目指したのがわかる。

あっさりとした味わい。

普段焼売ってもっと肉肉しくて、脂のパワーで感じる旨味も大きい。

なるほど、これが横浜の人たちのソウルフードなのか。

多分、愛が今僕が感じている以上にこの弁当を美味しく感じさせているんだろうなと思う。

ソウルフードが理屈じゃないのはよく理解出来ます。

きっと新潟県民がイタリアンを愛するのと同じでしょう。

外装に書いてある通り、駅弁として新幹線で食べるにはぴったりかなーと思いますが、家で食うならやっぱあったけぇ方がいいやと思いました。

ただ噂に聞く崎陽軒のシウマイ弁当です。一度は体験せねばなるまい。

西武線ユーザーは所沢で買えるようになったので、未体験の人は西武所沢S.C.へ遊びに来れば購入できます。

しかし、所沢にも横浜のシウマイのような名物出来ないかな。

おじーでした。