おじ語り

思い立ったら色々書く。

家での焼き肉を美味くするイワタニ焼肉プレート

この記事をシェアする

家でも美味い焼肉が食べたい

イワタニ焼肉プレート

肉が食べたい!となったら、焼肉を食べに行くことが多いです。

美味いですよね。焼肉。

スーパーにも焼肉用にカットされた肉っていっぱい売っているじゃないですか。

もちろん焼肉好きなのでたまに買うんです。

でも家で焼肉って意外とハードルが高くないですか。

バーベキューならまだしも。室内は。

煙がでると部屋に臭いがつくとか。

比較的煙が出にくい商品なんかも売られています。

僕も今まで『ZAIGLE(ザイグル)』って焼肉用の大掛かりなホットプレート?的な物を使っていたんですよ。

遠赤外線をバーっと放出して肉を焼く装置なのですが、いまいち焼肉としての味が決まらない。

やっぱり肉は火を使って焼いてこそ美味いんだなという結論に至ったのでした。

そして昔友人宅へ遊びに行った時に使われていたがイワタニの焼肉プレート。

なんだ、火で家焼肉出来るんじゃないかと知った日でした。

イワタニ焼肉プレート

イワタニ焼肉プレートはカセットコンロの上にセッティングして使います。

ただのプレートだと煙が出て、部屋に焼肉の臭いが移る問題が発生してしまうのですが、このプレートは色々と工夫が凝らされています。

イワタニ焼肉プレート 面

まず肉を焼いた時の煙は脂を熱し続けることで発生するそうです。

なのでプレートに肉から溶けた脂を停滞させなければ煙は出づらい。

この表面の模様というか溝と傾斜で溶けた脂は周りに開いている穴に落ちていく。

そしてその穴の下はというと…

イワタニ焼肉プレート 下

また溝があるんですよね。ここには水を張るわけです。

そうすると脂が落ちても水の上ということになります。

そうすれば煙が出る温度まで脂が加熱されることがなくなるので、煙問題も解決という設計ですね。

つまりカセットコンロとこの焼肉プレートで問題なく卓上で焼肉が出来るということです。

革命的!

卓上焼肉

焼肉
サンチュ包み

やっぱり火でジュージュー焼く肉が美味いですね。

ちょっとだけ油はねはありましたが許容範囲内でしょう。

炭焼きには敵いませんが、ホットプレート系とは一線を画する本格的な味です。

焼肉はこうじゃないと。

カセットコンロを使うので、電気を使いません。コードの取り回しやコンセントの位置なんかを考えなくて良いのも利点の一つですね。

そして安いというの大きなメリット。

このプレートだけであれば、前述したザイグルの10分の1以下の金額です。

そしてただの板なので収納にもあまり気を使わずに縦なんかにして保管もできるし。

いい買い物でした。

最近はあんまり友達とバーベキューもしなくなっているので、家でじゃんじゃん焼肉していこうかと思います。

おじーでした。