おじ語り

思い立ったら色々書く。

どうせ使わなくなるホームベーカリーが凄く欲しい

ホームベーカリーを自分に贈りたい

f:id:oji-west:20220209180511j:plain

今週のはてなブログのお題。頑張っている自分のご褒美として『自分に贈りたいもの』ですって。

なんでしょうね。そもそもご褒美を与えていいほど俺は何かを頑張ってはいないぞ、もっと真面目に生きろやと言うのは野暮でしょうか。

それじゃお題を書けないから、僕はなにかを頑張るという前提で話を進めることにしましょう。

そしたら贈りたいものはありますよ。

買ったらどうせ無駄になるだろというとっておきの逸品が。

ホームベーカリーですよ。

これは超欲しい。

高級生食パンの凋落に関するニュースを見て

なんで今まで全く興味がなかったホームベーカリーが急に欲しくなったんだろう。いつからだっけと振り返ったら、心当たりがありました。

www.dailyshincho.jp

高級食パンブームに翳り、変な名前のパン屋が続々と潰れています。ざまぁ。

っていうニュースを読んでからホームベーカリーが急に欲しくなりました。

文の中で、高級食パンは別に高級食材を使っているわけじゃなくて、蜂蜜や生クリームで美味しさを演出してるからねー的な記述があります。

それを受け、ちょっと待って。じゃあ俺も蜂蜜と生クリーム使えば高級生食パン作れるんじゃないの!?って思ったわけです。

さすがに手ごねでいきなり高いクオリティの仕上がりは望めないだろうし、ホームベーカリーがあったら便利かなーなんて思って、調べ始めたんですね。

そしたらなんとPanasonicがとんでもないレシピを掲載していました。

高級「生」食パン専門店 乃が美 監修 「おうち乃が美」 | レシピ一覧 | Panasonic Cooking | Panasonic

『おうち乃が美』ですよ。高級食パン実は自分で作れるんじゃないか説を裏付けるような文献との遭遇でした。なんならバターマシマシにして店のものより美味く作れる謎の自信すらある。

じゃあ買うか、ホームベーカリーって当然なるんですけど、なけなしの理性がそれを止めている。

だっておうち乃が美を1度やった後にホームベーカリーがキッチンに鎮座する置物になるリスクが高すぎるんですもの。

 

ホームベーカリー使い続けている人なんている?

ホームベーカリーって持っている人はけっこう多いじゃないですか。

でも日常的に使っているよって人に会うことはほぼ無いですよね。大抵の人が「最近は全然使っていない」って言うんですよ。この場合の『最近』は最近じゃなくて『ずっと』の意味を持っている場合がほとんどです。

やっぱり皆が今の僕のようにホームベーカリーに熱い夢を抱いて購入したと思うんです。

毎朝焼きたての温かいパンにバターをたっぷり塗って、淹れたてのコーヒーと。嗚呼、ホームベーカリーで素晴らしい生活が今、幕を開ける。

みたいな感じで。

そんな夢と希望に満ちあふれた製品ですが、買った瞬間がピーク。

ホームベーカリーを使ってパンを作る面倒くささ、機器の手入れ、そもそも市販のパンが安くて美味いとか色んな理由があって、結局みんな使わなくなってしまうのでしょう。全部想像ですけど。

いやいや、うちは毎朝手作りパンの素晴らしい日々よ!っていう人がいたら連絡ください。お宅にお邪魔させていただきます。

俺は使い続けるから!美味しいパンを次から次へと作るんだ!そうやって自分だけは特別だと思って買うと、後々になってやっぱり自分も大多数のうちの1人だったと反省することになるんですよねぇ。おい、おじーアイスクリームメーカーは結局どうだった?

しかもホームベーカリーは価格うんぬんよりもサイズがドデカいですからね。勢いで購入し、数回使った後に置物にするには存在感がありすぎます。

片付けたとしても普通の賃貸アパートに住む僕に与えられた収納スペースへのダメージは甚大でしょう。

 

頑張ったご褒美に買うことにしよう

考えれば考えるほど、ホームベーカリーを購入することの心理的なハードルが上がってきました。でもやっぱり欲しいは欲しいんですよ。

それでは話は戻って今週のお題、自分へのご褒美で贈りたいものですよ。

閃きました。なにか僕が頑張れたらホームベーカリーをその褒美として購入することにしましょう。

そうしておけば、2つのメリットがあります。

なにか頑張らないと買わない

1つ目のメリットは頑張るor買わない。どっちに転んでも良い。

まずは購入へのハードルを高く出来るじゃないですか。日常生活で「いやー、俺超頑張った!ご褒美あげたろ!」なんて思うことほぼ無いです。僕はそんな殊勝な人間じゃない。

ならば高確率で無駄になるホームベーカリーを購入せずに済みます。

しかし、万が一なにかしら頑張ってしまい、購入条件を満たしてしまったとて大丈夫。ここからが2つ目のメリットです。

頑張ったトロフィーにする

まずいことに僕が何かを頑張ってしまい、ホームベーカリーを褒美に購入してしまったら。そして予想通り数回使ってからは置物になっていたら。

頑張った結果買ったんです。ホームベーカリーじゃなくてそれはトロフィーとして飾っておきますよ。

僕の家に誰か遊びに来て、いやらしい笑みを浮かべて聞いたとしましょう。「ねぇねぇ、このホームベーカリーちゃんと使ってるの?」って。

そしたら僕はこう答えられるのです。

「違うんよ。それ頑張った俺のトロフィーだから。」

うん、これで何も恥ずかしいことはない。

ということで、何か頑張ったらホームベーカリーを購入することに決めました。もう誰も俺を止めることは出来ない。頑張るって素晴らしいことだね。

何を頑張るのかは知らんけど。そう言えば、ブログの今週のお題への取り組みはけっこう頑張ってないか?いやいや、それはまずいか。

おじーでした。

今週のお題「自分に贈りたいもの」