おじ語り

思い立ったら色々書く。

日和田山を登山!(日高市)

この記事をシェアする

なんと2日連続登山

昨日は運動不足解消のために天覧山&多峰主山に登ってきました。

ojigatari.com

 電車の乗り換えで筋肉痛になるほど超インドア派化していたのです。

もちろん今日は朝から足にけっこうな痛みが走っているではないですか。

あー、これはやばい。乳酸溜まりまくりだ。

そうだ、血流を促進するために山に行こう。

というわけで埼玉の低山シリーズ第二弾。

日高市の日和田山に行ってきました。

これがめっちゃ良い山でした。

日和田山

日和田山。ひわださん。標高は305m。

埼玉育ちの職場の同期に気軽にサクッと登れる山はないかい?と聞いたら子供の遠足でも使われる山だということで推薦を受けました。

登山口の前に有料の駐車場があります。(埼玉県日高市高麗本郷301−2)

駐車場

原始的な料金入れに、300円を入れ、車のNo.を書いた袋を投函します。

これで駐車する権利が得られます。小銭が足りなかったので500円入れました。

管理人さん、このブログを見たらお釣り下さい。

そして駐車場からすぐのところに登山口。

日和田山登山口
日和田山案内板

案内板を見ると山頂に行くまで色んなルートがあり、求める難易度によってルートを変えられるという変幻自在の山のようです。

そして山には『金刀比羅神社』なるものがあり、一の鳥居、二の鳥居なるものも道中にあるようです。

そこらへんも注目していきます。

さぁ、とりあえず入ると、しばらく砂利が敷かれたような歩きやすい道が続きました。

砂利道
一の鳥居

そして見えてきた一の鳥居。

ここをくぐると難易度選択モード。

急で大変な男坂、なだらかで安全な女坂、どっちを選ぶ?と迫られます。

日和田山 男坂、女坂

当然ヌルゲーが好きな俺は右の女坂を行くぜ!

ということで女坂を進みます。

日和田山、この山とっても雰囲気が良かった。

人が少なかったのもあるのか、なんか厳かな感じを受けました。写真から伝わると良いのですが。

女坂途中
女坂途中2

まっすぐ木が伸びる道を進むと、上の右の写真のようになにやら光が差し込んできます。

おぉ、開けた場所に出るのかな?とウキウキしながら歩くと、、、

日和田山二の鳥居

二の鳥居でしたー!

ここの眺めが凄く良かった。

日高には曼珠沙華の里として有名な巾着田というスポットがあるのですが、そこがばっちり見えます。

巾着田とおじー

季節が良ければ赤く見えるのだろうか。笑顔がなくてすいません。

そしてこの鳥居のちょっと上に金刀比羅神社がありました。

金刀比羅神社

お賽銭を入れる位置高すぎ問題。

さて、神社まで来てしまえばあとは山頂までもうちょっと。

ここからの道は先程まで歩いていた女坂と違って、ちょっと岩っぽくなります。

日和田山岩場

砂利を歩いて、土を歩いて、最後は岩を歩いてとバリエーション豊かでまったく飽きませんね。

岩場を登っていくと着きました。山頂です。

日和田山山頂
やかんの麦茶

山頂にはなんだろう、石碑が立っていました。あとベンチ。

眺めももちろん良いのですが、ちょっと前に見た二の鳥居の前の方が明らかに良い景観だったので、気づけば自然と風景でなくやかんの麦茶の写真を撮っていました。

美しいぞやかんの麦茶。香ばしい。

後は来た道を引き返して今日は終了。

初登山、凄く良い山、日和田山

日和田山ルート
日和田山所要時間

今日も今日とて低山を行きました。

同期の紹介で行ってみたらなんて良い山なんでしょうか。

歴代登った山の中でも抜群に気に入りました。

歩いていた時間は1時間未満でしたが、山の色んな魅力が詰まっている感じ。

色んな地面が歩けて、色んな景色が見れてと。

欲張りさんにおすすめですね。

機会があれば、また来てみて日和田山から接続できる物見山という山も登ってみようかと思います。

おじーでした。