おじ語り

思い立ったら色々書く。

そろそろ一富士二鷹三茄子を改訂しようぜ

見ると良い初夢

はてなブログ今週のお題が『初夢』についてですって。皆さん見ました?初夢。

僕は夢ってあんまり見ないんですよね。子供の頃はよく見たんですけどね。最近は3度寝とかして朝の10時くらいまでグータラ寝ない限りはなかなか夢の世界へは足を踏み入れることが出来ません。夢のない大人になっちまったよ。

ということで、初夢は多分見ていないか覚えていないで良いかと思いますが、それではお題に答えられないので、初夢についての思うところを。

見ると縁起がいい初夢ってあるじゃないですか。

一富士二鷹三茄子ってやつ。あれって江戸時代から言われているらしいですよ。ちょっとロングセラーすぎませんか。300年くらいずっと言われ続けているってことですもんね。

でもね、今日日鷹だの茄子だのの夢を見る人なんて日本人のうちごくごく僅かだと思うんですよ。

江戸時代は日常的に「わぁ!鷹だぁ!すごい!」とか「わぁ!茄子だぁ!すごい!」とか言ってみんな喜んでいたのかもしれませんが、時が令和にもなると人々はテレビにすら「テレビはオワコン!」とか言って大した興味を示さないんです。たいそうひねくれちまったもんですよ。

しかもその超レアな茄子の夢をちょうど初夢に持ってこれる人なんて日本中探しても0人じゃないでしょうか。富士山くらいなら登山家か銭湯愛好家の中にいる気もしますけど。

なので、さすがにこの『一富士二鷹三茄子』もアップデートした方が良いんじゃないかなと思うわけです。ちょっと皆さん一緒に考えましょうか。

一富士二猫三チーズ

まず基本型として『一富士二鷹三茄子』ってのはさすがです。バランスが良い。自然・動物・食べ物ですよ。まったくスキが無い。これだから語り継がれてきたんでしょう。

この型を崩してしまったら語り継がれなくなる気がする。『一鷲二鷹三雀』とかだったら鳥好きにしか広がっていかないですもんね。日本人全員を包括しなくては。

なので僕が考えたのが『一富士二猫三チーズ』。

どうですか。なんか良くないですか。

一 富士山

まず自然分野で富士山の代わりになる現代版はなんだろうって思ったところ無いんですよね。やっぱ日本の山と言えば富士山でしょう。何百年と変わらんものもあるということで一富士はそのままでいいでしょう。異論なし。

二 猫

そして二。動物部門。

ここはやっぱり猫がいいんじゃないかなって思うんです。

現代で人気の動物ツートップは犬猫。これは間違いない。このどちらかなら初夢に出てきたとしても全くおかしくありません。縁起の良い初夢ハードルが鷹よりぐっと下がります。

じゃあ犬と猫どっちがいいかって言われたら今回に限っては猫ですね。招き猫とかあるし。ニャンコ先生とかもいるし。

猫の愛され方って凄いですもんね。あの猫の寿命を伸ばす研究に対する寄付金の集まりっぷりは驚きましたもん。

そんな愛猫家たちはとくに初夢に猫が出てきたらもうそりゃ幸せって口を揃えていうに違いない。鷹より猫です。二猫に変えましょう。

三 チーズ

そもそもね、茄子の夢の何が面白いんだという話ですよ。さっきも言ったとおり江戸時代から受け継がれてきたんだから初期は仕方ない。でもこの食品ロスが逆に問題になっているような飽食の時世で「初夢に茄子出てきた!ラッキー!」なんていう奴は絶対いない。麻婆茄子でギリ。

やっぱりチーズあたりに差し替えるべきでしょうか。

まずチーズは美味いじゃないですか。そして伸びるじゃないですか。なんか伸びるって縁起が良さげじゃないですか。初夢にチーズが出てきたから今年はこのブログも伸びるぞ〜!!みたいな。

あとチーズって笑顔の象徴でしょ。皆さん、写真撮る時なんて言います?「はい、チーズ!」じゃないですか。

「1足す1は〜?にぃ〜!」より簡潔でいいですよね。初夢にチーズ出てきたから今年一年笑顔でいられるぞ〜!とかなるんじゃないですかね。

新初夢御三家これでどうでしょうか

さすがにもう『一富士二鷹三茄子』は無理があるだろうと、ぱっと今考えたんですがどうでしょうか。『一富士二猫三チーズ』。

書いてみたら意外とチーズが一番しっくりきました。わからんもんだな。

もっと令和に見合ったいい組み合わせもあるかもしれませんがちょっと考えるのに疲れてきました。残りは夢の中で考えようと思います、おやすみなさい。

おじーでした。

今週のお題「初夢」