おじ語り

思い立ったら色々書く。

スーパーゴーヤの成長が著しいー植え付けから収穫までー

この記事をシェアする

デルモンテ スーパーゴーヤ成長記

これはゴーヤを植え付けてから僕のお腹に収まるまでの記録です。

7月16日

ゴーヤ植え付け

デルモンテのスーパーゴーヤを植え付けました。

デルモンテといえば美味いケチャップのイメージ。

野菜苗も色々出しているんですね。

ただのゴーヤじゃありませんよ。スーパーゴーヤ。

超ゴーヤです。

まるで超ゴーヤのバーゲンセールだな。

特徴としては実がたくさん収穫できて、程よい苦味が幅広い料理に使えるとのことです。

植え付け時期としてはだいぶ出遅れてしまいましたが、ゴーヤは育てるのが簡単らしいので、とりあえず収穫が楽しみです。

7月28日

伸びてきたゴーヤ
小さい実がなる

植え付けから12日経った7月28日。

ほんとはネットを立てるのがいいのでしょうが、面倒くさいので外構のフェンスを使います。

順調に伸びていて、黄色い花が付きました。

なんとその根本には小さい実がついています。

ゴーヤの実は花の下に付くのか、大きくなれよと声をかけながら水やり。

8月5日

大きくなるゴーヤ

夏休み前、8月5日。

花だった部分はすっかりとゴーヤっぽい形に変わっていました。

このまま大きくなれば問題なく収穫ができそう。軌道に乗ったことを確認しつつ、ゴーヤを育てるという難度の低さを感じます。

スーパーゴーヤはちょろい。

8月17日

立派になったゴーヤ

いや、成長早すぎだろ。これが夏休み明けの8月17日。

超絶美少年だったゲームオブスローンズのブランがいきなりほっそりした普通の兄ちゃんに成長していたときくらい驚きました。

いや、がっかりと嬉しいでは真逆の感情か。こちらは良いサプライズ。

もう食えそうやんけ。

ちょうど植え付けから1ヶ月ほどで収穫が出来るんだなということがわかりました。

8月20日

スーパーゴーヤ収穫

そして本日、8月20日。

デルモンテのスーパーゴーヤを収穫しました。

とりあえず大きめのやつを3つ獲りましたが、まだ小さい実がついていましたので、もうちょっと収穫できそうです。

ゴーヤは緑のカーテンなんかにもよく使われますが、実がつきやすくていいですね。

窓一面に設置したら食べきれないほど収穫できそうです。

獲れたスーパーゴーヤを調理する

スーパーゴーヤ1
スーパーゴーヤ2

さっそく今日獲ったゴーヤを料理しました。

たっぷりのニンニクオイルとサバ缶と一緒に味覇で味付けしました。

仕上げに粉チーズと鰹節。あと卵。

なんという思いつき多国籍料理でしょうか。

料理のテーマは世界平和ですね。

サバ缶とゴーヤの炒めもの

見た目はいまいちですが、味は抜群です。

ニンニクオイルと味覇でまずくなるわけがないんですよ。

して主役のゴーヤは程よい苦味です!

デルモンテさんの言うことに偽りなし!

美味しいですね。大人の味です。

たしか栄養も豊富だったはずのゴーヤ。なんとなく食べたら体にも良い気がします。

良薬口に苦しとはちょっと違うと思いますが、良い苦さというか。

簡単に育って、実も美味しい。

緑のカーテンにすれば窓の温度を下げて、エコにもつながるという優れもの。

夏はみんなでゴーヤを育てることにしましょう。

華やかさは一切ないですけどね。実用性重視です。

おじーでした。