おじ語り

思い立ったら色々書く。

完熟になった黄色いゴーヤ内の赤い実を食べる

この記事をシェアする

ゴーヤを育てているとやがて黄色くなる

先日ゴーヤを育てて料理して食べました。

ojigatari.com

その後もゴーヤを育てていたのですが、収穫していないでそのままゴーヤを育てていたらついに完熟。

黄色くなりました。

完熟ゴーヤ

完熟のゴーヤってなんか甘くなると聞いていて、ちょっと食べてみたかったんですよ。

でもスーパーなんかでは出回らないですからね。

自分で育てて食べるしかない。いわば特権。

サバの刺し身を釣り人しか食べられないように、完熟のゴーヤも土をいじるものにしか許されない禁断の果実なのでしょうか。

完熟になると実が爆発したように割れちゃいますからすぐ食べないといけません。

割ってみます。

完熟ゴーヤ

前回食べた普通の状態のゴーヤがこれ。

普通のゴーヤ

みずみずしくて美味しそうですね。実際炒めて美味しかったです。

そして今回収穫した完熟の黄色いゴーヤを割るとこうなる。

完熟ゴーヤ

ワタがなくなっている。

そして赤い実がちょびっと。不思議!

もうちょっとこの赤い実がたくさんあるかと思いましたが、上手く育たなかったようです。

とりあえずこの赤い実を食べてみると、種の周りにぷるぷるの甘くて赤いジュレがちょびっとついているみたいな感じ。

可食部は実に少ないですが、上品な甘さを感じます。

ちょっとアケビっぽいかもしれません。

手で食べたら手が赤く汚れました、そのまま顔に塗ればなんとなく部族の化粧ごっこができそうです。

ふむ、おもしろいな完熟ゴーヤ。

ただ黄色くなった普段食べている皮?の部分をかじってみたら、緑色のときより水分が抜けたような味でイマイチでした。

料理に使う場合は素直に若い緑の実を収穫して食べるべきですね。

黄色いゴーヤの中の赤い実が甘い

完熟となった黄色いゴーヤの中にあるプルプルの赤い実。

こんなゴーヤの楽しみ方もあるんだなと知り、育ててみてよかったなと言う感想です。

甘くてまぁぼちぼち美味しいんですが、緑のゴーヤとどっちが良いかと言われれば可食部があきらかに多く、味も良い緑のゴーヤで収穫するべきですね。

見た目が印象的で、店で見かけないというレア感。そしてゴーヤなのに甘いというギャップが楽しいので一度育ててみて試すのは大いにありだと思います。

夏休みシーズンにできるから子供の自由研究なんかにも面白いかな。

子供はゴーヤ嫌いか。いや、だからこそ完熟にしてみてはどうだろう。

おじーでした。