おじ語り

思い立ったら色々書く。

バレンタインデーにカントリーマアムチョコまみれを

この記事をシェアする

バレンタインデー

今日はバレンタインデーということもあり、今週のはてなブログのお題は「チョコレート」とのことです。

普段からチョコレートについて語っている僕にまだチョコレートについて語らせますか。

チョコレート、嗚呼チョコレート、チョコレート - おじ語り

ガトーフェスタハラダのグーテ・デ・ロワ ノワール(チョコラスク)が超絶美味い - おじ語り

そもそもバレンタインデーに好きな人にチョコを贈るようになったのは製菓会社の戦略だったというのは有名な話ですね。

この作戦の素晴らしかったところは勿論贈り物にチョコレートを選んだことでしょう。

これがチョコレートではなく、別のお菓子だったらバレンタインデーという行事は今の盛り上がりを見せることなく廃れていったと思います。

好きな人にせんべいを贈りましょう!とかだと渋すぎますし、ゼリーやプリンといったプルプル系では運搬時の事故が懸念されます。

かと言って本格的なケーキは貰ったら嬉しいかもしれませんが、今度は贈る側の負担が増えてしまいます。

マシュマロやマカロンじゃそもそも貰ってもテンションがあがりません。

やっぱりチョコレートが最高にちょうど良かったと言えます。

男性諸君は分かると思いますが、学生時代は一大イベントでしたよね。

あてもないのに何故か今日は誰かからチョコレートを貰えるのではないだろうかと無駄に一日ソワソワして過ごして、結局何もない一日が終わってフィクションと現実のギャップを学んでいくのですよね。

女性に関しては手作りチョコ派もいれば、高級チョコレートを買う派もいると聞いています。

高級チョコレートと言えば、最近チョコレートといえばあの会社っていうのに変化が起きていますね。

良いチョコの代名詞が最近変わった

僕はこのブログでも上等なチョコレートの代表としてGODIVAをよく挙げるのですが、最近はもう完全に世間では良いチョコレートといえば『ピエール・エルメ』になりましたね。

ミスドは最近ピエール・エルメとコラボした途端に長蛇の列が出来ていましたし、先月食べたセブンイレブンとピエール・エルメのコラボ商品のエクレアも絶品でした。

再販して欲しい。

今お客さんを呼べるチョコレートといえば完全にピエール・エルメ。

僕も良いチョコの例えをGODIVAからアップデートしなくてはならない時が来たようです。

高級チョコレートの話はさておき、本日バレンタインデーに僕が食べたチョコがまた美味しかった。

カントリーマアム チョコまみれ

カントリーマアムチョコまみれ

こちらが今日のチョコレート。

『不二家 カントリーマアムチョコまみれ 』と『ファミマ ケンズカフェ監修濃厚ショコラエクレール』です。

この写真見るとエクレア美味そうって思うじゃないですか。

なんとカントリーマアムの方がチョコチョコしくて美味かったんですよ。

不二家であまりケーキは買うことがないのですが、カントリーマアムの抜群の美味しさは誰もが認めるところではないでしょうか。

偉大な発明だと思います。

だいたいカントリーマアムには元々チョコが入っていますが、この『チョコまみれ』だと中のチョコが2倍になった上、外側もチョココーティングされています。

クッキーのしっとりしたソフトな食感はそのままに、味わいをチョコに特化させたこの商品はカントリーマアムを超えたカントリーマアムと言えましょう。

弱点はパッケージの謎の絵ぐらいでしょうか。

この味だったらもっと本格派お菓子!って感じの外装にしても勝負出来たと思います。

美味しかった。

バレンタインデーについて語りたかったのに

バレンタインデーについて語るつもりが結局カントリーマアムについて語ってしまった。

話を戻して、バレンタインデーは万人がチョコレートを楽しむ日でいいと思う。

チョコレートを貰った人は素直にチョコレートを楽しめばいいし、自分で買った人もチョコレートを楽しめばいい。

お返しのこととかモテないこととかは一旦忘れて、目の前のチョコレートに集中する日にすればいいんです。

そうすればバレンタインデーはいい日になることでしょう。

おじーでした。

今週のお題「チョコレート」