おじ語り

思い立ったら色々書く。

狭山茶のチャバコをようやく飲む

この記事をシェアする

狭山茶のチャバコが買えた

前に所沢駅の改札内に置いている自販機で粉末茶『チャバコ』が買える!って話をしました。

ojigatari.com

前回は発売から間もない時に買いに行って、まさかの売り切れに撃沈してタリーズのコーヒー飲みながら帰ってきたのですが、先日所沢に行った時に、そういえばと思って見てみたら補充されていました。

もうさすがにロケットスタート的な需要は落ち着いたようですね。買えたチャバコは今日飲んでみました。

チャバコを作って飲む

チャバコ箱
チャバコスティック

チャバコの箱、表裏。広大な茶畑と西武線の電車デザイン。ご当地感があって大変よろしい。

粉末茶が入ったスティックが8本入っていて600円なので、1杯75円ですか。

作り方はホットなら100mlのお湯で溶き、アイスなら350〜500mlの水で溶けっちゅうことです。ホットとアイスで全然作れる量が違うことに驚き。ホットのほうがゴージャス。

今回はホットで作ってみます。粉がお茶のいい香り。

チャバコ粉
チャバコ

粉を100mlのお湯で溶きました。茶葉で淹れるよりこりゃ楽ですな。ゴミも出ないし。

後々箱を見るとお湯に粉を入れろって書いてありましたが、この際順番はいいでしょう。

すごい色、しっかり緑ですね。抹茶みたい。クリア感もほぼ無いし。

味も濃ゆい!意外と苦味と渋味もしっかり感じるので、キリッとした印象の味わいですね。

正直粉末茶っていうと回転寿司チェーンでがぶ飲みする、味は二の次ってイメージがあったので、期待はしていなかったのですが、これはしっかり美味しいです。

せっかくだから茶葉でも淹れる

茶葉で淹れた茶

せっかくなので、チャバコと普通のお茶を飲み比べようということで急須でお茶を淹れました。1袋でチャバコ1箱より安い茶葉ですけど。

お茶のクリア感が全然違う。緑感も全然違う。味もスッキリ。口当たりもクリア。

濃ゆいチャバコ茶の後に飲むとスッキリ感ばかりが強調されましたが、お茶の旨味甘みに関しては急須で淹れたお茶のほうが感じる気がします。高いお茶だと顕著にわかるんですけどね。

結論、どっちもうめぇや。

ただ急須でお茶淹れる洗い物は面倒くさいですよね。

気軽にお茶を楽しむには粉末茶も良いのかもしれません。急須持っていなくてもコップだけ作れますしね。

所沢に遊びに来たらお土産に是非チャバコをどうぞ。ちょっと高いですけど。

おじーでした。