おじ語り

思い立ったら色々書く。

ワークマンの980円、無印の2990円のスニーカーばかりを履いている。

ワークマンのキャンバスシューズが安くておしゃれ。

Wクッション キャンバスシューズ

 10月頭くらいにワークマンのキャンバスシューズを買いました。

 現行のラインナップだと上記の通り3色あります。

黒もシンプルでとても使いやすそうなのですが、似ている無印のキャンバスシューズを持っているので、切り替えがおしゃれなコンビにしました。

元々持っていた無印の疲れにくい撥水スニーカー。

これも今年に入ってから買ったんですけど、だいぶ気に入っています。

デザイン自体はワークマンと同じくシンプルですが、インソールのクッション性がかなり高く、土踏まず部分をサポートしてくれます。

疲れにくい撥水スニーカーの名に恥じず、長時間歩いてもへっちゃら。

素材自体は無印が得意とするオーガニックコットンを使用しているということで、履き心地も文句ありません。

しかも撥水。

おすすめできる優秀なスニーカーです。

お値段は2990円。

これを買ったときはかなり安く感じました。

Wクッション キャンバスシューズ

ワークマン キャンバスシューズ

ワークマン キャンバスシューズ

話はワークマンに戻ります。

Wクッションキャンバスシューズの価格がタイトルの通り980円なんです。

やめて!無印で十分安いと思ったのに!

もはや試しに3つくらい買っていいレベルの安さ。見た目はおしゃれ。

履いてみました。

当初、無印の柔らかい履き心地に慣れてしまっていた僕は、ちょっと素材が硬いかな。クッション性も若干劣るかなという感じを受けました。

足が痛くなるかもしらんなと思ったのが正直なところ。

ですが、履いて歩いているとすぐ新しい靴の感覚に慣れました。

子供の頃の遠足のしおりには必ず「履き慣れた靴で」と書いてあったことを思い出します。

そうだ、靴は履きなれるものだったんですね。忘れていました。

今はどこに行くのにも履いていますが、全然気になりません。

これで980円というのはコストパフォーマンス良すぎます。

どっちもいいなら次はどうすればいいんだ。

ワークマン&無印

ワークマン&無印

今使っている黒の無印スニーカーを履きつぶしたら、次はどっちにしようかなと先のことで迷っています。

どっちも気に入ってしまったら選ぶのが難しい。

抜群の履き心地の無印、1000円以下の最強コスパのワークマン。

うーん、うーん…

ここはユニクロでお茶を濁しておくか。

とにかくどっちもおすすめです。

安くて良いものがいっぱいある時代で素晴らしい。

おじーでした。