おじ語り

思い立ったら色々書く。

バーガーキングの超ワンパウンドビーフチーズバーガーを食べる

この記事をシェアする

超ワンパウンドビーフチーズバーガー(バーガーキング)

バーガーキングって店のグレードとしては、マクドナルドとかモスと同列じゃないですか。

でも明らかにワッパーの味は頭抜けて美味いですよね。

何が美味いって肉、パティの味だと思うんです。なにやら他のバーガーチェーンは鉄板とかで焼くところを、バーガーキングは直火で焼くらしいですよ。

そんな肉が美味いバーガーキングがとんでもない新商品を出したというので、行きたい行きたいと思っていたのですが、ようやく行けました。

それが『超ワンパウンドビーフチーズバーガー』。コンセプトは肉とチーズの壁に挑め。

超ワンパウンドビーフチーズバーガー

バーガーキング®公式サイト

肉を499gも使った総重量が548gの超ガッツリメニュー。なんとカロリー1498kcalです。

しかも単品で1,600円という、バーガーチェーンにあるまじき価格設定。すべてが規格外。

でもバーガーキングの美味いパティを口の中いっぱいに頬張りたい。そんな夢を叶えてくれるメニューでもあります。

超ワンパウンドビーフチーズバーガー実食

レシート

ご覧の通り単品1600円。超ワンパウンドビーフチーズバーガーなのに、略称は『超ワンパンチーズ』ですよ。お前の胃袋なんてワンパンだぜってことでしょうか。面白えじゃねぇか。

包装

ずっしりと重い。もちろん無料トッピングはすべて増量のオールヘビーオーダー。

開封です。

超ワンパウンドビーフチーズバーガーハーフカット

なんという肉の塊でしょうか。そりゃそうでしょう。

昔マクドナルドで食べていたひときわ肉の大きいハンバーガー『クォーターパウンダーシリーズ』が1/4ポンドなんです。

1ポンドの肉を使ったこのバーガーは、単純に考えてあれの4倍。恐ろしいことです。

超ワンパウンドビーフチーズバーガー2

持ったら滴る肉汁で手がびっちょびちょになりました。

かじりついたらもう見た目通り、でっかいハンバーグをワイルドに頬張っている感じ。なんてジャンキーな幸せでしょうか。

味のバランスで言えばワッパーの方が断然美味いんですけど、これはこれでアリ。

ほとんど肉を食べているような感覚ですが、入っているチーズソースがけっこう特徴的で、スモーキーな味になっていました。

肉の存在感が強いので、普通のチーズソースより燻しチーズの強い味のほうが合うんでしょうね。

さずが、約1500kcal。お腹にずっしりときます。ちょっと贅沢だけど満足。

12月2日までの期間限定

もうこのバーガーの発売がから結構経っているのですが、超期間限定です。

11月19日から12月2日まで。なので、もうそろそろ終売となってしまいます。食べれてよかった。

そして毎日14:00以降から販売開始なので、早い時間に行っても食べれないので注意。

バーガーキングのパティを満喫したい人はお早めに。

おじーでした。