おじ語り

思い立ったら色々書く。

バーミヤンの餃子が美味い、美味すぎる。

この記事をシェアする

すかいらーくアマゾン店から冷凍餃子が届いた

先日、すかいらーくアマゾン店についての記事を投稿しました。

ojigatari.com

チーズINハンバーグと餃子のセットを頼んだのですが、すぐに届いたので、とりあえずバーミヤンの餃子を焼いてみました。

餃子は自作が難しい

自作餃子

僕もそこそこ料理は好きでよくやりますが、餃子だけは素直に既製品を買ったほうが安く、美味く出来上がると思っています。

その昔に「よーし、やるぞー!」と餃子の皮をスーパーで買ってきて、餡も自作して作った餃子。

良かったのは量がいっぱい出来たことくらい。

入れる餡の量が技術的に一定にならないので、形は不揃い。

餡もまとまりがなく、パサついた食感になってしまっていました。

見た目も味も、味の素の冷凍ギョーザの足元にも及ばない仕上がりに、僕は二度と餃子は手作りすまいと誓ったのです。

市販品の方が安くて早くて美味いんですから。

手作り餃子はファミリーが楽しみながら、イベントとして作るなら良いです。

「わぁ!たかしちゃん上手に出来たねー!」なんて言いながら作れば、焼き上がった餃子の旨さも格別でしょう。

ですが、男が家で黙々と餃子を作ったって誰も幸せにならない。

負けを認めなきゃいけない時もある。

バーミヤンの餃子

タレ付き
バーミヤン冷凍餃子

届いたバーミヤンの冷凍生餃子。

タレ付きでした。外装には親切に焼き方も書いてあります。

自己流で焼くんですけどね!

説明には焼く時に「餃子が半分浸るくらいに水を入れます。」って書いてあるんですが、僕くらいになるとちゃんと熱湯を入れますからね。

アイリスオーヤマのケトルでアツアツに沸かした熱湯を。

水だとフライパンの温度が下がってしまって皮がベチャベチャになると聞いたことがあります。

みなさんもバーミヤンの言いつけは守らずに遠慮なく熱湯を入れましょう。

熱湯を入れる
油を差す

写真は撮りませんでしたがもちろん蓋をして蒸し焼きにしていますよ。

そして最後はごま油を差して焼き色をつける工程ですね!

ここで油はねの危険!油はね防止ネットをON!です。

便利ー。

ojigatari.com

そんなこんなで完成です。

バーミヤンの冷凍生餃子が焼き餃子に生まれ変わりました。

最近はレンジでチンの冷凍餃子も販売され始めているみたいですが、基本的に餃子は焼くのがちょっと面倒くさいですよね。

世のお母さんたちは冷凍餃子でもちゃんと焼いたことを誇りに思うべきです。

手作り餃子がベストだなんて考えは捨てましょう。

バーミヤンの餃子めちゃめちゃ美味い

バーミヤンの餃子

バーミヤンの餃子が焼き上がりました。家で。

もちろん超美味い。店で食べるのと同じやつです。

バーミヤンは餃子だけはガチですよ。期間限定で販売していた『厚切り牛肉のスパイス仕立て』もかなりイケてたけど。

ニラとにんにくのパンチの効いた、そして豚肉の味もしっかり感じられるあのバーミヤンの餃子。

よく野菜たっぷり!とかニンニク不使用!とか宣言している餃子がありますが、そんな商品は買いませんよ僕は。

ニンニクは使え、豚肉も入れろ。

とにかくそんな餡が美味い。

あぁ、無限に食べたいバーミヤンの餃子。

これはまだ修行不足で、焼き色がいまいち足りなかったバーミヤンの餃子。

久しぶりにAmazonでめちゃめちゃ良い買い物をした気がします。

まだセットのチーズINハンバーグの方は食べていないんだけど。

冷凍生餃子は、すかいらーくアマゾン店だけではなく、バーミヤンの実店舗でも買えるし、なぜかガストの実店舗でも買えます。

食べながらこれは常備しようと思ったある春の日。

皆さんもバーミヤンの餃子を食べましょう。

美味しいですよ。

おじーでした。