おじ語り

思い立ったら色々書く。

スイートアリッサムが増えるとめっちゃいい匂いになる

この記事をシェアする

いい匂いだぞスイートアリッサム

スイートアリッサム

日々色々と花壇で花を育てている僕ですが、寒くなってくると色で賑やかだった花壇も寂しくなってきます。

そんな中、気温低下に負けるかと今猛烈に咲き誇ってくれているのがスイートアリッサムの皆さん。

めちゃめちゃ成長が旺盛です。

株がいっぱいあるわけでなく、どんどん横に成長していっただけで、かなりの範囲で繋がっています。

スイートアリッサム爆弾。

本来は寄せ植えなんかで、主役を引き立てる役割を担うことが多いスイートアリッサムさん。

イメージで言えばブーケのカスミソウ。

名脇役って感じの花ではありますが、ここまでこんもりと生い茂るともはや君は花壇の主役です。

スイートアリッサムの下剋上。

花壇の現状はそんな感じなのですが、思わぬ副次的な効果が出ています。

そう、とってもいい匂い!

よくお話であるじゃないですか。イケメンでも淑女でもいいですけど、花の香りを嗅いで「まぁ!いい香り!」みたいな。

現実にそんなやつあんまりいないじゃないですか。

仮に僕が花に鼻くっつけて深呼吸してたら通りすがりのJKに「キモっ」って言われると思うんですね。

言わばおっさんには許されざる禁断の行為。

スイートアリッサムもいい香りのする花なんですが、この量になるとめっちゃ香る。

それこそ花壇のそばを通るだけでわかる甘い匂い。

これがどういうことかお分かりでしょうか。

花に鼻をくっつけて深呼吸しなくても心の中で(まぁ!いい香り!)って出来るというわけです。

これで通りすがりに「キモっ」と言われずに花を愛でることができます。

ありがとう、スイートアリッサム。

花期が長いぞスイートアリッサム

寄植えにも使う

スイートアリッサムの良いところは匂いだけではありません。

なんかずっと咲いています。

本来スイートアリッサムは暑さに弱く、夏は花が咲かないはずなのですが、品種改良が進んで耐暑性をつけたスイートアリッサムも売られているんです。

スーパーアリッサムとか言うらしい。まるで超サイヤ人のバーゲンセールだな。

そんなわけで品種を選べば、ほぼ一年中花壇を華やかにしてくれるスイートアリッサム。

しかも根付いたらほったらかしで大丈夫。勝手に育っていく。

花壇を整備するようになってから知った花ではありますが、かなり優秀です。

丈夫で、もりもり増えていくので、特に僕のようなこまめな手入れを苦手とするズボラ系ガーデナーにとっては心強い味方になること間違いなしです。

増えた分を株分けして寄植えに使うなんてことも出来るので財布にも優しいです。

花壇に関しては、本当はもっと主役らしい花を目立たせて、スイートアリッサムらしい活躍をさせてあげたいのですが、 いかんせん僕の技術が追いつきません。

春にはチューリップが咲く予定なので、その頃にも活躍してもらおうと思います。

おじーでした。