おじ語り

思い立ったら色々書く。

1年に1回の車のエアコンフィルター交換は自分でやるべき

この記事をシェアする

車のエアコンフィルターは1年に1回交換

VALFEEエアコンフィルター

車のエアコンフィルターは年に1度交換しましょう、そんなことを言われるとカー用品店の店員かよって思われちゃいそうです。

彼らの頼んだ作業とまったく関係ないことを提案してくる営業スタイルはなんとかならんものですかね。

でもエアコンフィルターの交換はたしかに必要。

僕の場合は、エアコンから吹く風からなんとなく嫌な感じを持ったらフィルター交換するようにしています。

ムワッって感じがしたら。

そうするとだいたい1年半に1度くらい交換しているでしょうか。

フィルター交換すると劇的に空気がシャキッとするので、気分がいいです。

それでですね、皆さんご存知かもしれませんが、エアコンフィルターの交換がもうめちゃくちゃ簡単なんですよ。

自慢じゃありませんが、僕は車のメンテは基本的に店に任せきり。

オイル交換はもちろん、夏冬のタイヤの履き替えも出来ません。

そんな僕が唯一やっているメンテナンスがエアコンフィルターの交換。

この度愛車のフィットから出る風にムワッを感じたので、交換を行いました。

VALFEE エアコンフィルター

今回買ったのVALFEEという会社のエアコンフィルターです。

知らないメーカーなのですが、安いので通販で買いました。

オートバックス等でフィルターを買うと、ボッシュ製が4,000円超、デンソー製が3,000円超、PIAA製が2000円超なのですが、この商品は送料込みで1,380円です。

安い。

しかも、製品の説明を読むと特殊フィルター・活性炭・特殊フィルターの3層構造で排気ガスや花粉、カビなどをブロックしてくれるとのことで性能もそんなに悪くなさそう。

気になる人は+200円で4層構造になったもPM2.5対応の高性能バージョンもあります。

買う前に気づいていればそちらにしました。

なんにせよ通販で買うとフィルターが安く上がります。

エアコンフィルター交換

商品が届いたらさっそく交換。

エアコンフィルター交換はオートバックス等で頼むと1000円ほどの工賃がとられます。

この1000円ももったいない。

エアコンフィルターの交換がすごく簡単だから。

助手席グローブボックス
助手席グローブボックス2

助手席のグローブボックス開けたらこんな感じですが、さらにもう1段階開きます。

どっせい!

開けると中が覗き込めます。

赤くフタと書いたところにエアコンフィルターが入っているだけ。

グローブボックスの中

フタを開けて、旧エアコンフィルターを引っこ抜く。

1年以上使っていたので、綿毛みたいなゴミがくっついていました。

古いフィルター
新しいフィルター

フィルターには表と裏があるのですが、UPという印が書いてあったのでわかりやすかったです。

フィルター入れ
フィルター装着

フィルターは入れ、あとは元通りフタを閉めるだけ。

なんと簡単なエアコンフィルター交換。

これで工賃1000円はぼったくりすぎだ。

オートバックスユーザーのみなさん、300円で僕がやりますよ。

でも自分でやれば無料です。

車のエアコンフィルター交換は自分で

エアコンフィルター交換が終わりました。

暑くなってきたのでエアコンをつけることもあるのですが、空気が綺麗になった感があって気分が良いです。

自分で交換すると安い商品を選べ、工賃もかからないということで、かなりの低予算でできます。

お金がかからないとケチらずに済むので、結果的に交換頻度も増え、車内の空気も綺麗に!みたいなこともあるかもしれません。

自分でやられている方が多いかもしれませんが、もし店に頼んでいる方がいらっしゃれば、ぜひやってみてください。

おじーでした。