おじ語り

思い立ったら色々書く。

ついにワークマンのアクティブハイクで登山が出来た

この記事をシェアする

登山にアクティブハイクを履いていった

先月山に行った投稿をしました。

ojigatari.com

それで、山登りは無事に楽しく出来たのは良いのですが、ちょっとテスト的な意味も兼ねて行っていたのです。

それが昨年買ったワークマンのシューズ、『アクティブハイク』が登山に耐えうるのかというテストです。

高耐久シューズ アクティブハイク

この靴、耐久撥水、靴底はぬかるんだ地面でも泥が残りづらいセルフクリーニング機能なんかを搭載しているのですが、価格がなんと税込1,900円と驚異の低価格なんです。

その名の通り、高耐久でハイク、つまりハイキングに何度も使えるならば驚異的なコストパフォーマンスを実現できるっちゅうもんです。

それで今回山に履いて行き、滑らないかとか、足が痛くならないかとかのチェックを行いました。

今までは山に行くときはABCマートで一番安いトレッキングシューズを買って履いていたんですが、それでも6,000円位はしたと思います。

それがこの1,900円のシューズで済むならなんとありがたいことでしょう。

結果としては、まったく問題がありませんでした。

足は痛くならない、転ばない。晴れていて道の状態が良かったのも大いにあると思いますが。

少なくても歩きやすい低山に履いていく分にはまったくもって十分です。

贅沢を言えばもうちょっと高さがあって、足首周りのガードがあったらもう少し道が悪いところでも小石対策になってもいいかなと思いますが、前回登ったような低山では十分です。

いやいや、そもそも低山なんて運動靴ならなんでもええやんけ!というツッコミはあまりに無粋ではないでしょうか。

そして専用の装備を身につければテンションも上がるというものでしょう。

更に山にいけば靴は汚れるし、歩く岩場が多ければその消耗も激しくなることでしょう。

そんな時まぁいいか、これ1,900円だしという心持ちになれれば精神的にも経済的にも楽ではありませんか。

というわけでこの高耐久アクティブハイク、買ったのはずっと前でしたが、この夏に入ってからとっても気に入りました。

今夏はもう1回は山に登る予定があるので、またこのアクティブハイクを履いていきたいと思います。

その時また新たな発見があれば追記したいと思います。しないかもしれません。

おじーでした。